ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081003144000.jpg

これといって写真が無かったので、現在のBGMを撮ってみました。
先日michiさんがピアノの先生に薦められて購入していました。

サックスとピアノのデュオでベースレスなんですけど、なんだかかなり素敵です。
テナーサックスの太くて低い音、なんだか落ち着きますね。
それとやっぱり僕は、こういった小編成での演奏が好きみたいです。





ベースソロに取り組むにあたって、「とにかく音を出す」というのを最近のテーマとして掲げていました。
このテーマ、かなり効果を実感しています。

やみくもにベースで音を出してみたり、がむしゃらに鼻歌を歌ってみたり等々、「出来ない」「わからない」で終わらずに、とにかく「音」を出す事を心がけて過ごしていました。
最初のうちはとても音楽とは呼べないような音だったのですが、それでも本当に時々「あっ、今のいいかも!」と思えるフレーズが出てくることがあるんですよね。

これをひたすら繰り返していると、良いと思ったフレーズもそのうち頭に残って、自然と出てくるようになるんですよね。
しかも、ところどころに心地良いフレーズが挟まってくると、その前後でまた新たに「あっ、今のいいかも!」なフレーズが出てきたりします。



もともと、お酒を飲みながら時々ジャズは聴いていました。
更に、2年半程前からウッドベースを始めたのにあわせて、更に積極的にジャズを聴くようになりました。
こうして好きで聴いていた中で、自分では気がついていなくても、頭に自然と残っているフレーズというのが、本当はきっと結構あるんでしょうね。



まったくのゼロからウエイトトレーニングを始めた場合、最初の2?3週間程は凄い勢いで持ち上げられる重量が伸びていくんですよね。
だけどこれは、純粋に筋肉がついているわけではなく、神経系統の発達によるものらしいです。

「力を入れる」という訓練をしていないと、力の入れ方を体が解っていないために、本来持っている筋力発揮する事が出来ないみたいなんですよね。



今回、「とにかく音を出す」を行ってみて、なんとなく上記の事を思い出してしまいました。
今までは「出来ない」「わからない」を理由に音を出さずにいたために、自分の中に既にある引き出しにも気がついていない物がたくさんあったように思います。
実際に音を出し始めて、こうした気がつかなかった引き出しがいくつか出てきたのかもしれないですね。



本当に当てずっぽうで音を出す事から始めましたが、その中で僅かにではありますが、ソロらしいフレーズが口をついて出てくるようになりはじめました。

ジグソーパズルもそうですが、最初は当てずっぽうでも、配置の解ったピースが増えてくるにしたがって、その後のピース探しが加速してきますよね。
ベースソロでも同じ感覚で、どんどんフレーズ探しを加速していきたいですね。





ところで最近は、「とにかく音を出す」テーマの実践のため、道を歩いている時にも鼻歌を口ずさんでいる事が多いです。
というわけで、すれ違う人達からは、相当ご機嫌でおめでたい奴だと思われているに違いありません。



「ご機嫌なメロディ」を奏でるために、当面は「ご機嫌な奴」になりきってみます。

ご近所さんの前だけは差し控えさせてください・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。