ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081015132607.jpg

苦戦続きのソルフェージュですが、Gメジャースケールが終わりFメジャースケールに変わりました。
Gメジャースケールが終わったとはいっても、出来るようになったというわけではありません。
まだまだF♯の音については、結局今のところ感覚としてつかむことが出来ていません。
このあたりは後々、改めてF#の問題も出てくると思うので、少しづつ慣れていきたいと思います。

ところで、今回はFメジャースケールということで、B♭の音が登場してきました。
前回のF♯と同様に、大苦戦を覚悟して問題に取り組みました。



ところが・・・



B♭の音はなんだか解るんです。
F♯であんなに苦戦したのが嘘のように、自然にB♭の音が出てきます。
あまりにも自然に出てくるので、自分で発声した音がB♭ではなく、これまで練習して慣れているBなのではないかと心配になる位でした。

F♯の時には半音の感覚がわからずに、手探りで音を発声していたんですよね。
音をずらしながら(ウッドベースでいうスライドやグリッサンドのような感じ)探っていたので、その影響で他の音までわからなくなるという悪循環でした。
それがB♭では音を探ることなく半音違いで着地出来るので、他の音も狂いにくいです。

いろいろ理由を考えてみたのですが、F♯に比べてB♭の方が馴染みがあるのだろうと思いました。
これまでウッドベースを練習する中で、もちろんF♯も普通に弾いていましたが、出てくる頻度としてはB♭の方が圧倒的に多かったように思います。

Fのブルースをはじめ、酒バラやI'll close my eyesなどなど、これまで練習してきた曲は、キーがFである曲が多かったです。
そのため、B♭はピアノでいう黒鍵の音の中でも一番体に馴染んでいるんでしょうね。



B♭で半音の違いに少しでも慣れることで、他の♯や♭の音を把握するのに役立ってくれるといいんですけどね。
早めに慣れるようにしていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。