ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081021234842.jpg

最近は普段の生活の中でも「あっ、これいいかも!」と思ったメロディやフレーズが浮かんだ時には、携帯電話の録音機能を使って口笛や鼻歌で残すようにしています。
それを練習の時にウッドベースで音を出しながら5線譜に書き出して、曲やソロに使えないかどうかを考えてみています。

ちなみに5線譜に書き出す時には、メロディの時にもヘ音記号です。
ト音記号よりも慣れているので音を読み取りやすいんですよね。
このあたりはちょっとだけベーシストっぽくなってきた気がして嬉しいです。



ところで、先日作ってみた曲が「昭和のポップスといった感じ」という評価を受けたと日記に書きましたが、この「ポップス」って具体的にどういったメロディを言うんですかね。
実は、ポップスに限らず、

ロック
R&B
ヘビーメタル
レゲエ
ジャズ
ボサノバ
演歌
等々・・・

何を持ってこうしたジャンルに分けられるのかが良く解っていません。
なんとなく「ロックっぽい?」と思う事はあっても、どうしたら「ロック」になって、どうしたらヘビメタやレゲエになるのかといったあたりが、いまひとつピンときてないです。

しかも演奏する上で、こうしたジャンルのイメージを的確に表現するとなるともっと難しいですよね。

僕はJAZZをベースにウッドベースの練習を続けていますが、ボサノバの場合に、4ビートのウォーキングではなく、1度5度で「タターン、タターン」でリズムを刻んでおけば、なんとなくそれっぽくなるというのは教わりました。
それぞれのジャンルで、こうしたお約束の表現方法みたいな物があるんですかね・・・



いずれは表現の幅を広げたり、いろいろなジャンルの音楽を楽しむ上でも、こうしたジャンルを「弾き分ける」技術を身につけてみたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。