ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081025223247.jpg

今日は練習中に、久しぶりにスライドダウンなどやってみました。
きっちり決まると気持ち良いですよね。

しかしこれ、指へのダメージがでかすぎます・・・
結構調子にのって繰り返していたら、なんだかちょっと指が痛いです。
スライドさせていた人差し指の指先が、弦があたっていた部分だけ削れて凹んでるんです。

スライドさせるのって、ライブの時などに普通に目にしますが、これでは練習量に限界がありますね。
少しづつを積み重ねて、上手くなるしかなさそうです。





「作曲をしてみよう!」と思い立ったあたりから、練習量が増えているように思います。
通常の練習に飽きたり疲れたりしてきた時に、メロディを弾ける曲が複数あると、練習量もかせぎやすいですね。
練習に変化が出るので、練習に向かう気持ちが持続しやすくなったように思います。



ところで、作ってみた曲をWEBにアップするにあたり、メロディをウッドベース以外で入れて、ベースで伴奏を入れてみようかと思いました。
そこで最初に考えたのは、初音ミク等のボーカロイドソフトでボーカルを打ち込んで、そこに伴奏を入れる作戦です。
他に出来る楽器が無いこともありますが、以前に聴いたウッドベースとボーカルのデュオがめちゃめちゃ良くて興味があったんですよね。



ところがボーカルを打ち込むとなると、当然歌詞が必要になります。
改めて考えてみたのですが、僕にはどうも、この「歌詞」とやらを考える事が難しそうです。

ちょっとだけイメージしてみたのですが、それっぽい歌詞など出てきません。
それ以前に、歌詞のネタが浮かびません。
何より、「歌詞」で何かを表現するという欲求が、僕の中に無いみたいです。



こうしてBLOGを続けていますので、文章による表現が嫌いというわけでは無いんだと思います。
ただ、「詩」というものが、よく解っていないんでしょうね。
わからないから魅力も感じられないといった感じなんだと思います。



こうして表現方法を模索していると、やっぱりバンド活動をしてみたくなりますね。
今年は春先に1度バンド活動を目指しましたが、諸々の事情によりたちまち消滅してしまいました。
そろそろバンド活動についても考えてみようかと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。