ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081105233244.jpg

ここ最近は練習量が減っていたおかげ(?)で、手首の痛みはすっかりなくなりました。
ただ、右手中指の付根と、左手の親指の付根に変な痛みがあります。

これって、なんとなく練習とは関係無いような気がしているんですよね・・・
最近は、ちょっと飲みすぎが続いていたので、そっちで何かしてしまっているような気がします。

練習に影響が無い程度とはいえ、ちょっと反省ですね。





最近はコードを見ながら即興でベースラインを弾く練習を増やしています。
以前と比べると、バリエーションも少しづつ増えてきました。
やっぱり練習量に比例して効果が出るみたいです。
逆に言うと、ちょっとの練習で効果が出る位に、まだまだ低いレベルなんですけどね。



ところで、少しづつ進歩しているとはいえ、苦戦している事はもちろん沢山あります。
そんな中の1つに、dimとaug(デミニッシュとオーグメント)があります。
dimとaugが出てきても、なかなか咄嗟に反応出来ないんです。

頭では3度や5度を♭にしたり♯にしたりというのが解るのですが、この時に頭の中の思考が2段階になってしまいます。
5度の音でいうと、まず5度のポジションを頭でイメージした上で、半音上や下にポジションをずらして押さえるといった感じです。

こうした2段階思考になっているので、ちょっとでもテンポが早くなると咄嗟に反応出来なくなってしまいます。

更にdimの場合の6度(♭♭7)なんて、まったくといっていいほど使えません。
ようやく最近になって7度を少しづつ使えるようになってきた位ですからね・・・



これらのコードにも瞬時に反応出来るようになるのって、やっぱり慣れなんでしょうね。
最近の練習量低下を反省しつつ、改めて練習を増やしながら、少しでも早く慣れるように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。