ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081120140607.jpg

弓弾きのスケール練習、続けてます。
ゆっくりとひたすらロングトーンです。

だけどこれ、左手は鍛えられるんでしょうけど、いまいちつまらないですね・・・

自分のボーイングはもちろんひどい音です。
だけどプロの人のボーイングの音も、あまり好きでは無いんですよね。

ウッドベースを始めた頃は新鮮で「良いかも!」と思ったこともあるのですが、最近はあのボーイングの音を心地良いと思えないんです。
バイオリンやチェロ位までだと綺麗に聴こえるんですけど、コントラバスだと上手い人の演奏でも黒板を爪でひっかいた時のような嫌悪感をかすかに感じてしまう気がするのは何故なんですかね・・・

そんな感じでいまいち好きにはなれませんが、左手の練習と割り切ってしばらくは続けてみます。





昨日は午前中に1時間ちょっと練習した後、夕方からは近くにある某公園でトランペットの方とセッションさせていただきました。
以前からこの公園で練習しているのを何度も見かけていた方です。

2週間程前に、このおじさんが練習しているところを見かけた際に、話しかけてみたんです。
その際に、そのうちセッションしましょうといった話をしていたんですよね。
昨日、午後から買い物に出かけた帰りに、いつもの公園でこのおじさんが練習しているのを見かけたので、ウッドベースを持って合流してみました。



ドラムレスでのセッション、やっぱり難しいですね。
リズムをキープするのが大変で、今回もかなり走りがちな演奏になってしまいました。

以前から感じていますが、リズムをキープして弾き続けるのって、やっぱり難しいですね。
改めてドラムの音を頼っていたんだなぁというのを思いました。



1時間程一緒に演奏させていただき、有意義な時間とする事が出来ました。
また機会があればお願いしてこようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。