ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081205230252.jpg

先日の日記に「僕らの音楽」が好きといった事を書きましたが、つい先程も見てました。
本日もしっかりと「やっぱすっげ?な?・・・」と独り言ばっかり言っちゃってましたけどね。
独り言はもう少し控えるべきだろうと思いつつ、なかなか難しいです。



だけど、やっぱり歌が上手いってかっこいいですね。
突き抜けた感じの声って、聴いていて気持ち良いですもんね。
僕が突き抜けた声を出そうとしても、表情だけで声がまったく出ません。(無音)
表情はすっごく頑張ってるんですが、エアボーカルになってます。





皆様からアドバイスいただいたボーカルさんとのセッションの件ですが、1曲はなんとか形になってきたように思います。
変に手を加える事を考える前に、基本通りコードに合わせて音を入れていくというのも大事そうですね。
形が出来てきたら、実際に合わせてみるのが楽しみになってきました。



ただしコメントでアドバイスいただいていた、ボーカルに合わせるのではなくきっちりとリズムを刻んでいくというのが、実はとてつもなく難しかったりしそうです。

ドラム無しで、メトロノーム無しで、ボーカルを聞きながらリズムキープでベースラインを刻むのって、凄い能力に思えてしまうのって気のせいでは無いですよね。
まわりの環境に惑わされずに、ひたすらきっちりリズムを刻むって、言い換えると究極のマイペースだったりするんでしょうか。



血液型がO型で、職種は営業・・・
仕事関係の食事では、相手よりもほんの僅かに早いペースで食べすすめて、食べ終わりをきっちりあわせてます。
もちろん、グラスが空く前にお酌もしています。

こうしてしみついた相手に合わせる習性が、音楽で仇にならなければ良いのですがどうなんでしょう・・・





揺るぎない鉄壁のリズム、いずれは(あまり遠くない未来には)手に入れてみたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。