ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081218230640.jpg

最近はいよいよ寒くなってきたので、練習中にストーブがかかせなくなってきました。
(エアコンもあるのですが、やっぱり石油ストーブがいいんです)
寒すぎて指先が冷たくなっていると、指も動き難いですもんね。



ところで、この暖房ですがちょっとだけ気になっている事があります。
練習開始10分?30分位の間でしょうか。
なんとなくウッドベース表面が湿った感じになって、左手の親指が微妙に滑ったり、右手の指先までが湿った感じになったりするんです。

空気の冷たい部屋でストーブをつけて室温が上がり始めても、楽器はしばらく冷たいままですよね。
この時に、うっすらと結露のような感じでウッドベース表面が湿った感じになるようです。

練習を始めて30分もする頃には、楽器も温まってきて何も問題無くなるのですが、それまでの時間がどうも嫌なんですよね。
左手が滑るのはもちろん弾き難いですし、右手の指先が湿ってしまうのも、マメにつながるので極力避けたいと思っています。

こういうのって、皆さん気をつけていたりするんですかね・・・
(楽器が温まるまで弾かないとか?)

それ以前に、普通は楽器をいたわって何か予防策など取っているんでしょうか。



まあいろいろ問題もありますが、冬場にストーブをつけてぬくぬくで練習しているのは結構好きだったりします。





昨日のYou'd be so nice to come home toの件、早速のアドバイスをどうもありがとうございました。
(ひらさわ旦那様、モリ@ベース様、本当にありがとうございました。)
早速本日の練習でいろいろと弾き比べてみました。

たしかに、25小節目でFを弾かずに、26小節目のDを目指した方がしっくりくる感じがしました。
あとは、モリ様が仰られていたような、Bメロ踏襲型というのも僕にはなんだか自然に感じました。

当面は26小節目をDもしくはDmで着地する方向で練習してみようかと思います。
そのつもりでいても余裕が無くなると、自然にBメロと同じ進行でCメロに突入してしまうことが頻繁にあるんです。
というわけで、Bメロ踏襲型は良くも悪くも自然に弾けそうです。



皆さんからのコメントを読ませていただきちょっとホッとしたのですが、コード進行って結構皆さん自由に解釈して演奏されていたりするものなんですね。
今まではガチガチにコード進行厳守という意識があったのですが、そうでも無い部分が垣間見えて少し安心しました。



あとはこうしたまわりの解釈を、演奏しながらでも見抜けるようになるといいんですけどね・・・
このあたりの能力を身に着けられるのは、まだまだ先になりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。