ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081224233814.jpg

24日、25日と更新をサボってしまいましたが、特にクリスマスを満喫していたというわけではありません。
むしろ今年は、クリスマスらしい事はほとんど無いままに2日間を過ごしてました。

別に仕事が忙しかったというわけでも無いんですよね。
この2日間、michiさんも仕事で深夜帰宅になってましたので、1人もくもくと家でベースを弾いていました。



練習は最近の定番になっている、youtubeの伴奏作戦です。
世間はクリスマスなので、選曲も趣向を変えて、久しぶりに3拍子を集中して取り組んでみました。
曲は↓の3曲です。

Alice in wonderland
Someday my prince will come
When you wish on a star

あまり意識した事が無かったのですが、When you wish upon a starってこの時期結構耳にする機会が多いですね。



今まで3拍子については、誰かしらのベースラインを丸暗記で弾いているだけでした。
だけど、それではつまらないので、今回はコード譜を見ながらひたすら適当に演奏してみました。



3拍子のリズムのパターンって、だいたい↓の4つになりますよね。

付点2分音符1個
2分音符1個+4分音符1個
4分音符1個+2分音符1個
4分音符3個

↑のリズムを音源に合わせながら適当に弾いていたのですが、3拍子も慣れてくるとなんだか心地良いですね。
特に、「4分音符1個+2分音符1個」のリズムが綺麗にはまると、なんだか気持ち良いと思いました。





ところで、4拍子の時に弾き易い曲と弾き辛い曲がありましたが、3拍子でもそれが明確にありました。
前述の3曲の中でいうと、Alice in wonderlandは弾き易いです。

4拍子の時には、4度進行が多くあると弾き易く感じるようでしたが、3拍子の時には何が要因になっているんですかね。
4拍子の時ほどクロマチックの音で繋ぐような音使いもしていないと思うのですが、この辺りはちょっと不思議です。



これまで3拍子はどうも抵抗があって、あまり積極的に練習もしていなかったのですが、この2日間でだいぶ苦手意識が軽減されました。
これを機会に、3拍子の練習というのも積極的に取り入れるようにしたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。