ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090115000922.jpg

先日出来てしまったマメですが、なんとかかろうじてひっついた状態になってます。
かろうじてというのは、本日も練習で思いっきり弾いていたら微妙に皮が浮いて水が出てきちゃいました。
今回は、しっかりくっついてはいないようなので、バイキンが入らないように気をつけなくてはいけないですね。





この週末に、作っている曲をボーカルさんと合わせる予定です。
しかし、相変わらず間奏やイントロなどを決めきれていません。

連日あーだこーだ取り組んではいるのですが、やっぱりいろいろと難しいですね。
以前から書いているとおり、コードが無い(わからない)ところからスタートするというのがとにかく難関です。
これまでは、ほとんどの練習でコードを頼りにしてきましたからね・・・

間奏部分にも当然コードなど決まっていない訳で、このあたりはもう、自分で心地良いと思う音を当てはめてみようと思いながら進めています。
当面は他の楽器さんと合わせる訳でも無いので、わざわざコードに縛られる必要も無いのかもしれません。

更にプラス思考で考えれば、これまで常にコードを頼りに音を探していたので、今回こうしてコードから開放されて音を自由に使うというのは、今の僕にとってはむしろ重要な事のようにも思えてきました。
ただ、結果的にどういったコードになったのかが解らなくてはいけないんでしょうけどね。





理論の勉強で使っている市ヶ谷低音ゼミナールをパラパラとめくってみると、本の最後の方に作曲についての項目もちゃんとありました。
一気にそこまで読み進めるというのはなかなか難しいですが、このページってやっぱり気になります。
そこにたどりつく前の項目も、まさに今取り組んでいるような事が目白押しなので、ちょっとペースを上げて進めるべきだろうと思ってきました。

というわけで、この週末ひと段落したらちょっと本腰を入れて市ヶ谷低音ゼミナールを読み進めてみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。