ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090119132857.jpg

昨日はボーカルさんと音合わせの為、久しぶりにウッドベースを担いで出かけました。
おかげで本日は軽い筋肉痛とともに、両肩にはしっかりアザが出来ていました。

それにしてもウッドベースって重い上にデカいので、人ごみではかなりヒンシュクです。
ライブ活動などが多い方って、やっぱり皆さん苦労されてるんでしょうね。





ところで肝心の音合わせですが、ひそかに恐れていた事態が発生しました。
始めてすぐにボーカルさんから、

「もうちょっと高くならないですかね・・・」

との依頼があったんです。



僕も「もしかしたら」というのは頭にあったんです。
だけどそんなのおっかないので、考えないようにしてたんですよね。
(O様すみません・・・)



というわけで、最初にキーを何度上げるかの確認からスタートとなりました。
ただ今回は幸いな事に、もともとFメジャーだったものが、Cメジャーへの変更ですみました。
調合の♯や♭が増えれば増えるほどややこしくなっちゃいますもんね。

更にFからCであれば、弦が1本ずれるだけだと思えばそのままいけるかとも思ったのですが、こちらはそう甘くはありませんでした。
高い音はなんとかなるとして、もともとE線で弾く事を想定していた音についてはどうにもならないですもんね。

というわけで、その場で時間をもらってE線の音を考慮した移調譜を作ってから演奏する事にしました。
(一応コードは考えてみたのですが、若干怪しいので伴奏では楽譜が必要になっちゃいました・・・)

本来はこういう事をしなくても、アドリブで適当に移調したキーで演奏出来るようにならなくてはいけないんでしょうね。
このあたりはまだまだ時間がかかりそうです。



他にもいろいろと問題はありましたが、それでもPCでやり取りするのと違い、実際に音を合わせると見えてくる物は多いですね。
まだまだ問題山積ではありますが、地道に少しづつ進んでいきたいと思います。



というわけで、O様今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。