ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090124005546.jpg

引き続き、どうも体調がすぐれません
一番体調が悪かったときからするとかなり回復はしているのですが、それでも全快にはまだまだといった感じです。
今回の風邪では、寒気と倦怠感に加えて、軽いノドの痛みと咳、更にお腹の調子も悪いです。
寒気と倦怠感だけでも無くなってくれれば楽になるんですけどね・・・

インフルエンザも含めて、かなり風邪が流行っているようですので、皆様もどうぞお気をつけください。





体調が悪いなりに、細々と練習を続けてはいます。
また、練習とは別に、先日音合わせをしたボーカルさんと進めている曲作りの作業も行っています。

ところで、今回FメジャーからCメジャーへと移調する事になりましたが、Finaleって移調も出来る事に気がつきました。
移調する調を選択すると、ボタン1つで移調した楽譜が出来上がります。

これまで手書きで地道に移調譜を作っていましたので、この機能はありがたいですね。
まあ本当は移調譜を作らなくても、頭の中で移調して弾けるようになるのが一番いいんでしょうけど、今の僕にはかなりありがたい機能を見つける事が出来ました。



現在は、移調した調での伴奏を考えるのと合わせて、ボーカルさんがアレンジして歌っていた音を音符に直す作業も行ってみています。
録音した音源を聴いて作業をしているのですが、まさに聴音の訓練になりますね。

こちらも、音を聴いただけで○○というように音名がわかれば良いのですが、なかなかそうはいきません。
近そうな音をウッドベースで鳴らしながら音を探すといった作業になるので、かなり時間がかかってしまいます。
昨年後半は聴音のテキストもサボりっぱなしになってましたが、こういった能力も間違いなく訓練ですよね。
良い機会なので、聴音の能力も磨かれるように積極的に取り組みたいと思います。



写真は、録音した音源をそのままアンプを通して鳴らせるように買ってきたケーブルです。
このケーブルであればアンプでなくても、普通のTVなどからも音を出せそうです。
(先日TVから音を出したかったのが出せなくて困ったんですよね・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。