ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090206115057.jpg

先日のファーストステージさんのセッションの際、いろいろな楽譜を使いました。
いつもの青本の他に、お店にあったコード譜を集めたファイルや、フロントの方の手書きの楽譜など、普段見慣れない楽譜を見ながらの演奏です。

これって、もうちょっと慣れておかないと厳しいですね。



コードの表記が普段見慣れたものから突然変わってしまうのって、結構戸惑うものだというのを実感しました。
Mが△になる位まではともかく、○とか○棒(ハーフデミニッシュ)などはかなり辛いです。
そもそもdim7なんて、アルファベットで書いてあっても咄嗟に対応出来てなかったりしますからね。

ちなみ演奏中にdim7が登場すると、ルート+マイナー3度かルート+♭5度のどちらかは使えます。
ところが何故か、ルート+マイナー3度+♭5度といったような、マイナー3度と♭5度を続けて押さえるというのが何故かなかなか出来ません。
もちろんたまには出来たりしますが、たったこれだけの動きでかなり余裕が無くなってしまうんです。
(5度を♭にする事に対して、まだまだ慣れてないみたいです)

更に6度というポジションは苦手で、未だに咄嗟には指板上でイメージ出来ないんです。
(エンディングの逆回しでも6度部分でパニックになりがちです)

それが突然記号になってしまったのでは、ますます反応が遅れてしまいます。

こうした通常の表記の違いのほかにも、手書きであるために読みにくくて苦戦したり、mと?(どちらもマイナーの表示)が混ざっていて戸惑ったりなどというのもありました。
(いちいち余裕が無いんです)



いろいろな楽譜に慣れておく事で余裕が生まれるのか、余裕があればどんな表記でも戸惑わなくなるのか、どちらが先かはよくわかりませんが、今後の課題の1つであるのは間違い無さそうですね。





ちなみに本日はコード表記の復習も兼ねて、またしても近所のマックに出かけてしまいました。
最近はなんだかマックの活用率が上がっている気がします。
(メタボ街道をつきすすんでいる気がする・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。