ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090214164104.jpg

昨日(14日)は久しぶりにライブ観戦でした。

Fried Pride 10th Anniversary Tour Final in TOKYO

ひょんな事からチケットを入手してしまったので、急遽出かけてきたんです。
しかしこれがまた本当に素適なライブでした。



ボーカルのshihoさんが素適なのは、昨年出かけた別の方のライブにゲスト参加で歌っているのを2回程見ていたので判ってたんですよね。
ところがギターの横田さん、今回初めて見たのですが想像以上に凄かったんです。

ギターとボーカルのデュオですが、横田さんのギターは、とても1人で1つの楽器を演奏しているとは思えない位にいろんな音が出てるんですよね。
ギター1本で、僕がイメージしていたギターの音の他に、ドラムやベースのような音まで奏でていました。

ギターの歌伴というと、ジャンジャッ、ジャンジャッ・・・でコードを鳴らしているイメージが強かったんですよね。
(実際アコースティックライブという名前のついたライブに昨年もいくつか出かけましたが、全てでは無いにせよ、ジャンジャッ、ジャンジャッ・・・の演奏が結構多かったんです)
だけど今回横田さんの演奏を聴いて、ギターのイメージが大きく変わりました。


昨年僕がボーカルさんとのデュオやトランペットとのデュオを経験した事をこのBLOGで書いた際、少人数のセッションでは他のパートの仕事もしなくてはいけないといったアドバイスを皆さんからいただいてました。
横田さんの演奏を聴きながら、まさにこういう事なんだろうなぁというのを感じました。



ところでライブ途中のMCの際に、shihoさんが↓のような事を話してました。



「FRIDE PRIDEを始めたばかりの頃は、ギタリストの知り合いがほとんどいなかったんです。だから、ギターの人ってみんなこれ位(横田さん位)やれると思ってたんです。」



これって、当時shihoさんと一緒にセッションしたギターの人達は可哀想ですね・・・
最近は僕もライブハウスのセッション以外の場で、他のパートの方と演奏する機会が出来始めたので、レベルや次元が違うとはいえ、なんだか他人事に思えませんでした。

やっぱり比較対照って普段聴いている音になりますもんね。
そうなると、比較対照がCDの音源だったり、ライブで見たプロの方の演奏だったりって事になりますよね。





このギャップを埋めるのは無理としても、少しでもギャップは小さくしたいですよね。
まあ地道に練習するしか無いんでしょうけど、もうちょっと早くなんとかならないかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。