ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090226_000943_ed.jpg

久しぶりにmichiさんのテキストを読ませてもらってました。
このテキスト、以前も借りた事があったのですが、「他の楽器でも使える」といった事が前書きに書いてあるのが魅力を感じてしまうんです。

だけど結局、最初の方はなんとなく判ったんですが、中盤位からはよくわからなくなってやめてしまいました。
ちょっと本を読んですぐにアドリブが出来るようになる程甘くはないといった感じですね。





昨日右手のフォームについて少し書いてみましたが、もちろん他にも困った事はいろいろとあります。
そんな中で、音の粒が揃わないといった事も結構問題だろうと思っています。

管楽器さんがたくさんいるような構成の爆音の中で、思いっきりフルスイングで4ビートを刻んでいる時には問題無いと思ってます。
だけど、静かな曲の中で抑え気味に演奏する際や、オルタネイトでフレーズを刻む際などはかなりムラがあるように思います。



まず控えめに弾く際ですが、特にテンポが遅くなる程粒を揃えるのって難しいですよね。
静か?に弾いている中で、時々「ボーン!」と派手に音が鳴ってしまう事が結構あるんです。
恐らく弦に指がひっかかりすぎてしまって強い音になってしまっているんだと思うのですが、このコントロールってかなり難しいですね。


また逆に、オルタネイトで刻む時には、音が小さくなってしまうのに困ってます。
強い音を出そうとすると指が動かなかったり、弦をはじききれなかったりしてしまいます。
かといってフレーズを弾く事ばかりに意識がいくと、どんどん音が小さくなってしまうような気がします。

最近はボサノバを練習に取り入れる事が多くなりましたが、ボサノバのラインでは8分音符が結構出てくるのでオルタネイトにしてしまっている事が多いです。
そうすると如実に音が小さくなっているのを感じます。


太い音が好きで、ウォーキングでも2フィンガーで弾くようにしていますが、オルタネイトになった時の音のしぼみ具合はかなり問題ですね・・・
ウッドベースを始めた頃から、「音の粒を揃えるのが難しい」といった話を耳にする事がよくありましたが、僕もようやくこの難しさを肌で感じる事が出来るようになってきたという事でしょうか。
(プラス思考?!)





以前から何度も書いてますが、指をバラバラに動かしても難なく弦をはじけるだけの指力(ゆびぢから)が欲しいですね。
希望を言わせてもらえるなら、握力で300kg位(?)といったところでしょうか。
こういった事を書くと、「力じゃない!」と怒られてしまいそうですが、あっても困るものでは無いですもんね。

エリックファミリーの鉄の爪、憧れます。
(僕は息子のケビンを見ていた世代です。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。