ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090305_223749_ed.jpg

ここ1ヶ月位は順調に練習できていたと思います。
しかし、昨日今日と立て続けに練習時間を確保する事が出来ませんでした。

昨日の練習:0分
本日の練習:40分

練習時間の確保が難しい日があったとしても、0分はいただけないですね・・・
10分でも15分でも楽器に触るべきだとは思っているのですが、昨日はいろいろあって気持ちまで折れた状態になってしました。

明日は時間的にもいくらか余裕があると思うので、反省してしっかり練習したいですね。





ちなみに本日の40分だけの練習ですが、ひたすら指板の下の方だけ使って曲に合わせてみていました。
まあ下の方とはいっても、一番下でG線のソ(弦の真ん中)までなんですけどね。

適当な曲(枯葉、There will never be another you、Fly me to the moon)にあわせながら、まず2ビートで音を出す練習です。
その後4ビートでも少し弾いてみました。

ただし普段弾いているようなラインはまだ難しいので、まずは1小節を1度5度、もしくは1度3度のみしか使っていないです。(正確にはそれしか使えない)



なんだかこの練習、ハーフポジションやファーストポジションでコードを見ながら弾く練習を始めた時とまったく同じような感じがします。
1年ちょっと前までは、ハーフポジションのあたりで同じような事をやってましたもんね。



4ビートで音を出すのに、最初は、

1度1度5度5度

次に

1度1度3度3度

その次は

1度3度5度3度

更に

1度5度3度5度



↑の音使いをテンポ70位からひたすら練習していたのを思い出します。
こうした練習が、ポジションを変えてまた必要になるとは思いませんでした。

少なくともD線とG線であれば、弦の真ん中までは各音の場所がわかっていると思います。
だけど、指板の場所が変わっただけでこんなに戸惑うとは残念ですね・・・

まあ以前と比べると、3度や5度の位置には反応出来るようになっているので、以前よりはスムーズに進んでいけるだろうと楽観してます。





まあ明日はこうした練習も含めて、何よりしっかりと練習時間を確保したいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。