ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090311_211625_ed.jpg

昨日の日記に、マシュマロでも食べながら練習するといった事を書きましたが、マシュマロを買ってくる事をすっかり忘れてました。

その代わりというわけでも無いのですが、本日は牛スジラーメンとやらを食べました。
トンコツラーメンの上に、飲み屋さん定番メニューの牛スジ煮込みがのってるだけといった感じの、超強引メニューです。

気休めかもしれませんが、コラーゲン摂取で薬指の回復を早めたいと思います。
(しかし食べ過ぎで苦しいです・・・)





肝心の練習ですが、本日は1時間ちょっと弾いてみました。
左手に負担をかけないように、メトロノームを125?130で鳴らしながら、シンプルな4ビートを刻み続けるといった内容です。

メトロノームを表拍で鳴らしたり、裏拍(2拍4拍だけでなく1裏2裏3裏4裏も)で鳴らしたりしながら変化をつけてみました。



突き指した薬指も、こうした練習であればほとんど問題無いみたいですね。
右手も気にせず、結構強めに弦をはじいていたのですが、普通に弦を押さえる分には力を入れても問題無いようです。

それよりも、ウッドベースをスタンドに立てかける際や、楽譜のページをめくる際などに、うっかりネックを左手で握りしめてしまったりする方が問題ですね。
完治にはまだ時間がかかると思うので、負担をかけすぎないよう注意しながら、少しづつ練習も元に戻していきたいと思います。





ところで、次回のスタジオセッションでは、Giant stepsをやるとかやらないとかといった話が出ていたように思います。
どうなるかはまだわかりませんが、一応練習してみてはいます。

だけどこの曲、なんだかすごく弾き難いです。
以前から何度か書いていますが、1小節にコードが2つ入ってくるのが苦手なんですよね。

基本が1小節にコード1つで、時々2個になる位ならいいんです。
だけどこの曲、ほとんどの小節で1小節に2個コードが入ってきていますよね。
これだけ1小節に2個が続いてくると、かなりストレスを感じますね。
(Oleoなども超苦手です)

しかもこの曲、青本記載のテンポは240とかなり速いです。
今このテンポで演奏されたら、1つのコードに入れる音数を間違えたりして、たちまちロストしてしまうと思います。

というわけで、この曲をセッションで弾くには、もうちょっと練習が必要そうですね。



ちなみにこの曲、弾き難い上に、なんだか暗?いイメージの音で、今のところはどうも好きになれていません。
練習で弾いていると、どんどん左手薬指が悪化していきそうな位に重苦しい音のイメージなんですけど、それって僕の弾くラインの問題だけでは無いですよね。



以前、超苦手で嫌いだったBye bye blackbirdは、最近ちょっと好きになってきました。
Giant stepsも、いずれ好きになる時が来るんですかね・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。