ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090323_122605_ed.jpg

久しぶりに右手親指にマメが出来てしまいました。
指板に触れて支えている部分に、オルタネイトピッキングの際に負担がかかっているようです。

ここにマメが出来るのって本当に久しぶりですね。
1年以上の間、この部分はマメとは全く無縁でした。

あまり鍛えられている部分でもないので、弦をはじく指先と比べると皮自体もかなり薄いです。
練習中にも結構痛みがあったので、テーピングをマメ部分に巻いて保護して練習を続けてみました。
(マメの保護だけなので巻き方は適当です・・・)

特に水抜きなどは行いませんでしたが、今は皮が浮いた状態にはなっていないようですが、早く治してしまいたいです。





ここのところ、連日積極的にオルタネイトピッキングの訓練を取り入れるようにしていますが、少しづつ効果は出てきているようです。
Recorda-meのイントロを弾いていても、以前よりは確実にスムーズになってきました。
(とはいっても、あくまでも比較しての事なので、まだまだぎこちないんです・・・)



オルタネイトピッキングでぎこちなくなってしまう理由として、以前に音の出るタイミングの事を書きましたが、もう1つ、音の長さについても問題があると感じています。

ウッドベースを始めた当初、一つ一つの音を出来るだけ長く伸ばすようにと教わりました。
ところが、オルタネイトピッキングで3連譜などの音を出す時には、一つ一つの音が凄く短いというか、ブツブツと途切れた音になってしまうんです。



原因は、弦に指が触れてから音が出るまでの時間が長いせいのようです。
音が出るタイミングが遅れてしまう理由も、弦をはじききれずに指が弦に負けてしまうからなのですが、音が短いのも同じ要因ですね。

この1週間、このあたりを意識してオルタネイトピッキングの練習を行っていました。
以前にも書いたとおり、ピッキングの力の反作用で手首が動いてしまうのではなく、しっかり固定して指の力がロスなく弦に伝わるようにする感じです。

その結果、右手親指と指板の接点部分にも負荷が増えていたみたいです。



まあ、音については確実に良い方向に向かっているようなので、まだまだ思考錯誤しながらしっかり鍛えていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。