ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090328_233235_ed.jpg

昨日爪きりで処置した右手中指はかなり調子良くなりました。
一時凌ぎで終わってしまうかもしれませんが、それでもまったく痛み無しで弾けるのは気持ち良いですね。
というわけで、本日は思いっきりオルタネイトで指を苛めてみました。



この2週間位の間、メインの練習はひたすらオルタネイトのピッキングを行っています。

本日は、1年近く前に練習していたStraight no chaserのベースソロのコピーを練習してみました。
たま?に弾く事はあったとはいえ、かなり久しぶりに弾いてみたんです。
ところが以前と比べると、格段に指が動くようになっているんですよね。

更に、Recorda-meのイントロも引き続き練習していますが、こちらも少しづつ滑らかになってきています。
これって、間違いなくオルタネイトピッキングの練習の成果ですね。



これまでの練習では、ひたすら4ビートを弾く中で、本当に時々オルタネイトを混ぜる程度でした。
やっぱりその程度では上達する訳ないですからね・・・
しばらくはこの調子で、集中的にオルタネイトピッキングの練習を行ってみようと思います。





ところで、結構前から薄々気がついてはいたのですが、Recorda-meって実はイントロよりもその後が問題だったりします。
この曲、コードがシンプルというか、同じコードばっかりで構成されてますよね。
やっぱり今の僕には、こうして同じコードが続いてしまうのはかなり厳しいです。

しかも、6度や9度というのにも慣れていません。
6度や9度を咄嗟に押さえようと思っても、3度や5度と比べると反応が遅れてしまいます。

3度や5度は、押さえようと思った時に直接押さえる事が出来ます。
だけど6度や9度の場合、6度であれば5度の1つ上、9度はルートの1つ上といったように、他の音を頭の中で経由してポジションを把握する感じになってしまいます。



これまで練習してきた曲では、6度や9度が続けて出てくるといった事がほとんどなかったので、こうした音に慣れるには良い機会なんでしょうね。

とういうわけで、Recorda-meはしばらく苦戦が続きそうです・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。