ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090402_023211_ed.jpg

4月入ると同時に、ウッドベースを始めて4年目に突入しました。
続くかどうかもわからないまま、割と突発的に始めたような気がしますが、なんとかこうして続ける事が出来ているのは嬉しいですね。

皆様からいただくコメントも、知識や技術の習得だけでなく、練習を続けるにあたってのモチベーションにも繋がっているのは間違いありません。
(いつもお返事が遅れてしまい恐縮です・・・)

必ずしも順調に上達しているとは言い難い気はしますが、これからも地道に進んでいきたいと思っていますので今後とも宜しくお願いします。 m(_ _)m





ところで、つい先程気がついたのですが、なんだか右手の人差し指を切ってしまってます。
消毒液をかけてみたところ、結構痛みを感じる位の深さで切れてしまってますね。

普段、練習で弦をはじいている箇所とは僅かにずれているので、練習にはそれ程影響は無さそうです。
とはいえ、気をつけなくては危ないところでした。

それにしてもいったい、いつ何処で切ったんだろう・・・??





本日はなんとか2時間程練習する事が出来ました。

アルコでのスケール練習/15分
ソルフェージュ/15分
ブルースのベースライン練習/20分
指板の下の方(弦の真ん中まで)を使う練習/20分
オルタネイトピッキングの訓練/30分
Recorda-meのベースライン/20分
合計/2時間

内訳はざっと↑のような感じです。
他にも、ベースソロの練習や、Bye bye blackbirdの耳コピー、更には曲に合わせて弾く練習やラテン系のリズムなどなど、やりたい事や課題はたくさんあるのですがなかなか手がまわりません。



Recorda-meについては先日のコメントで、前半部分をモード風に演奏するといったアドバイスをいただきました。
(どうもありがとうございました。)

だけど、この「モード」というのが今の僕にはまだ対処出来ません。

1年近く前に、コーダルな処理とモーダルな処理について違いや概要を教わりましたが、実際に演奏するとなると、まだまだ勉強しなくては謎も多いです。

スケールでラインを組み立てる場合の音の使い方が今ひとつわかっていない上に、いざ演奏しようとした場合には、頭に浮かんだ音を咄嗟に押さえるといった事にも訓練が必要そうです。



ウッドベースを始めてようやく丸3年が経過したわけですが、課題は増える一方ですね・・・



とはいえ近々セッションでもRecorda-meを演奏する事になりそうなので、なんとか最低限の音は出せるようにしなくてはいけません。
とりあえずは全てをコーダルに処理するとしても、この曲やっぱり弾き難いんですよね・・・



というわけで、こちらも地道に取り組んでみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。