ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090402_231148_ed.jpg

本日の練習時間は50分だけでした。

実は、少し前から計画していたのですが、本日は仕事が終わってから、三浦半島方面へ釣りに出かけていたんです。
練習時間0分は流石に嫌だったので、出かける前に50分だけ弾いてみました。



以前は好きで結構出かけていたのですが、ウッドベースを始めてからはすっかりご無沙汰してました。
ここ最近、何かとストレスを感じていたので、気晴らしにと思ったのですが、良い気分転換になりました。


ちなみに、メバル狙いでワームを投げていたのですが、困った事がいくつかありました。

ウッドベースを始めてから、以前と比べて右手人差し指の皮がかなり厚くなっています。
そのおかげ(?)で、ワームを投げる際に釣り糸を右手人差し指にひっかけても、糸の感触をほとんど感じ取る事が出来ないんです。
さらには糸を結ぶにも、やっぱり感触が無いのでめちゃめちゃ結びにくくなってます。



ウッドベースを弾いている時には、こうして皮が厚くなってきた事を喜ばしく思ったりもします。
だけど日常生活においては、ちょっと熱い物を持つ時に重宝する以外、困る事の方が多かったりしますね。


ちなみに釣果はというと…


ボウズでした..._| ̄|〇



現在は自宅に向かう電車の中で更新中です。
(近々リベンジしなくては…)





釣りネタで終わってしまうのもなんなので、1つ最近感じている事を書いてみます。

日記にも何度か書いたとおり、ここ最近はオルタネイトピッキングの練習を集中的におこなっており、演奏にも変化が出てきています。
それに合わせて、体でも変化を感じる部分が出てきました。



以前の練習では、オルタネイトピッキングの練習を行っていても、辛くなるのは右手前腕部の手の甲側だったんです。
それが最近は、前腕部の手の平側に疲れを感じるようになってきました。

ハードに練習した翌日には、やはり前腕部の手の平側に筋肉痛が出ます。



以前は弦に力を伝えようとはしていても、手首が動いて力が逃げてしまっていたために、手や腕のこの部位には結果的に負荷がかかっていませんでした。

こうして使われている(筋肉痛になる)筋肉が代わってきた事からみても、ようやく弦に指の力が伝わるようになってきたようですね。



だけどこれって、ようやくスタートラインに立った状態という事でしょうか。
改めて、ここから更にフォームを微調整しながら、鍛えていきたいと思います。




本日はしっかり気分転換も行いましたし、また明日から頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。