ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090410_162713_ed.jpg

本日の練習時間は50分程でした。
順調に練習をこなせていた先月と比べて、今月に入ってからはどうも苦戦しています。
しっかりメニューを組み立てて練習するとなると、せめて90分位は欲しいですね。

来週もまだスケジュールが見えませんが、もう少し練習時間は確保出来るようにしたいです。





ちなみに本日の練習ですが、練習開始から10分程ブルースを弾いた後、なんとなくBye Bye Blackbirdを弾き始めたらそのままずっとBye Bye Blackbirdで終わってしまいました。

以前から時々練習していたポールチェンバースのラインを弾いてみたのですが、高いポジションに移動する際の運指などがわからなくなっていたんです。
その為、運指をチェックしたりしながら、ひたすら繰り返し弾いていました。



ちなみにこのベースラインでは、最初と最後のテーマ部分に3連譜の連続が出てきます。
久しぶりに弾いてみたところ、この部分については以前よりも確実にスムーズにしっかり弾けるようになっていました。

この1ヶ月位の間、練習の半分とまでは言わないまでも、確実に1/3以上の割合でオルタネイトピッキングの練習を行っていました。
その成果が間違いなく出てきているようです。



指が早く動くようになってきたのはもちろんですが、それ以上にしっかり弾けるようになってきたのが僕にとっては大きな進歩に感じています。

以前は頑張って音を出そうとしても、弦に対して思うように力を伝える事が出来ませんでした。
手首や手の平が動いてしまっていた為だと思うのですが、指先の力が逃げてしまって力が入らなかったんです。
もっと力を加えたいのに、力を入れる事すら出来ずに凄くムズムズしていたんですよね。

それが最近は、オルタネイトでもかなりしっかりと弦をはじく事が出来るようになってきたと思います。
ビ?ンッとしっかり鳴ってくれ始めたので、出てくる音も弾き心地もどちらも心地良いです。



最近はなかなか上達せずに悩む事も多い(ほとんどそう)ですが、こうして上達を感じる事が出来る部分が少しでもあると救われますね。
まだまだ僕の中では伸び盛りなオルタネイトピッキングですから、まだしばらくの間は積極的に練習に取り組んでいこうと思います。





ちなみに練習していたポールチェンバースのラインですが、全体的に凄くシンプルだと思います。
昨日の日記にも書いたジェイミーの楽譜と比べると、明らかに音符の数も、ヘンテコな記号の数もどちらも少ないです。
アドリブ部分のラインなどは、1拍目か4拍目が時々8分音符2個(タッタ、タン、タン、タン・・・)になる程度で、後は本当にシンプルな4ビートです。

だけどウッドベースで音を出してみると、このシンプルなラインがめちゃめちゃかっこいいんですよね。
本当に綺麗に上ったり下ったりしている感じで、メトロノームに合わせて弾いているだけでも気持ち良くなってきます。

おかげで、本日はこのラインを弾き始めてから一気にエンジンがかかってきた感じでした。
(もうちょっと練習時間が欲しかったです・・・)





変に難しい事や、特別早いフレーズなどは別に弾けなくても構わないので、こうしたシンプルで心地良いラインをアドリブで演奏出来るようになりたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。