ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090418_214608_ed.jpg

本日はスタジオセッションに出かけてきました。



◇本日の演奏曲
Bug's groove
Cjam blues
All the things you are
Recorda-me
I remember clifford
The night has thousand eyes
The girl from ipanema
There will never be another you
Autumn leaves
Moritat



まあ、本日もいろいろと失敗はありました。
中途半端にソロを終わろうとしてぐちゃぐちゃにしてしまったり、テーマ部分で4ビートを弾いてしまったために戸惑わせてしまったり等々、いろいろとやらかしてしまってます。

少しづつ失敗も減ってきているとはいえ、まわりに迷惑をかけてしまうような失敗は無くさなくてはいけないですね。



また、宿題で出ていた3曲(Recorda-me、I remember clifford、The night has thousand eyes)についても、やっぱり大変ですね。
Recorda-meの同じコードが続くモードちっくな部分や、スローテンポのI remember clifford、どちらも当然ながら、まだまだまだまだ練習が必要です。



The night has thousand eyesについては、ここのところラテンのリズムを練習していたので、いよいよ実戦で試すチャンスと思っていました。
ところが、想定していた以上にテンポが速かったんです。

通常の4ビート部分でもついていけずに何度か千切られたので、恐らく250以上の速さだったのではないかと思います。
最近はこうした速いテンポに対応するための練習というのを行っていなかったので、こうした練習も少し取り入れていかなくてはいけませんね。

というわけで、通常の4ビートですらイッパイイッパイだったので、ラテンのリズムと言われても、グダグダになってしまいました。
チャレンジはしてみましたが、これだけ速いテンポで余裕が無い中で、休符を挟んだようなリズムを刻むのは、今の僕には厳しかったです。





いろいろと難しい事はありますが、こうして定期的にスタジオに入ってセッションさせていただける事で、いろいろな刺激を受ける事が出来るのでいいですね。
受けた刺激が新鮮なうちに、また明日から練習が頑張ってみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。