ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090505_191759_ed.jpg

本日の練習時間/140分。
昨日、今日と順調に練習出来ました。
ただし今夜から実家に帰るため明日は練習出来無そうです。
1週間の平均練習時間90分を達成するには、水曜日からが勝負ですね。





本日も、昨日取り組んだストレートノーチェイサーのベースライン(ポールチェンバース)を練習しました。
スコアを見ながら弾いていたのですが、以前に練習したBye bye blackbirdでも使われていたのと同じフレーズが結構出てきます。
ポールチェンバースさんもお気に入りのフレーズなんですかね。

こうして「同じフレーズだ!」と気づけるのは、なんだか嬉しいですね。
更に、僕自身もこうして同じフレーズが繰り返されてくれると覚えるきっかけにもなるのでありがたかったりします。

ただ天国のポールチェンバースさんにとっては、他の演奏と同じフレーズを使っているなというのを、こうして大勢の人に研究されてしまうのって、ちょっとむず痒い気持ちになったりしそうだなと思いました。





ストレートノーチェイサーのベースラインの練習の後は、今朝買ってきたビートルズのバンドスコアを見ながら、ビートルズの音源に合わせてみました。

練習前に1時間ほど、この本の1曲目に載っているStrawberry fields foreverのコード進行をノートに書き出してみました。
練習では早速この曲を弾いてみたのですが、これ、めちゃめちゃ難しいですね。
昨日のAll you need is loveもそうでしたが、とにかくリズムチェンジが多すぎます。
ちなみにスコアを見て判ったのですが、All you need is loveは7拍子ではなく4拍子と3拍子が交互に繰り返しているリズムでした。(いずれにしても難解です…)



買ってきたバンドスコアの本をざっと流して見てみたのですが、ベースライン自体は割とシンプルなように見えます。
だけど、リズムチェンジが頻繁に出てくる曲の構成がとにかく難しいと思いました。



先日お誘いいただいたビートルズセッションの企画も、来月には実現したいと思っています。
それまでには、ある程度いろいろな曲に対応出来るようになっていたいのですね。
そのためにも当面は、毎日の練習メニューに積極的にビートルズを取り入れてみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。