ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090512_001344_ed.jpg

昨日の練習時間/80分。
本日の練習時間/70分。

先週は順調だったなぁと思っていたのですが、よくよく考えてみると先週って休日ばっかりだったんですね。
多少仕事は入ったとはいえ、やはり休日が続けば練習時間も確保しやすいわけですね。

今週は、1週間の1日平均90分の練習目標に対していきなり借金スタートとなりました。
明日も若干厳しいスケジュールなのですが、最低限これ以上借金を増やさないようにはしたいです。
そのためにも、朝からのスケジュール管理が重要になりますね。





引き続き練習メニューの中にはビートルズを取り入れるようにしています。
先日ファミレスで書き出したHey judeのベースラインも早速弾いてみています。



このベースラインですが実際に弾いてみると、「ライン」と呼ぶほど各小節が繋がっているわけではないんですよね。
どちらかというと短いフレーズを繋いでいるといった印象です。

実際細かく音を見てみても、クロマチックの音で次の小節に繋いでいくといった感じはほとんど見受けられません。
(もちろん多少はありますが)
むしろ各小節ごとに結構大きく音が飛んでしまっている事の方が多い位です。



このあたりは、ジャズのセッションのようにアドリブで作る音楽なのか、アレンジの作業を繰り返しながらじっくりと作り上げていくかの違いなんでしょうね。
短いフレーズを繋いでいる印象とはいっても、完成した曲はめちゃめちゃ素適で大好きです。



各楽器ごとの役割分担が、曲中で細かく割り振られているのだと思いますが、こうしたアレンジの作業って、まだ今の僕にはピンときません。
実際に作業したことはもちろん、考えてみた事もありませんがいずれは出来るようになってみたいですね。





以前に音楽寅さんで桑田さんがアレンジの作業を仕切っているところを放映していましたが、なんだかかっこよかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。