ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090518_002048_ed.jpg

本日の練習時間/90分。
なんとか今週も1日平均90分のノルマをクリアする事が出来ました。

それにしても、思っていた以上に平均で90分を維持するのって大変です。
90分平均からショートした状態で週末を迎えてしまったことで、なんだかストレスを抱えた状態になってしまいました。

来週は出来るだけ貯金を作って週末を迎えたいですね。





スタジオセッションでご一緒させていただいている方から、新たに課題曲の連絡が入りました。
この曲、リード譜(Realbook)を見てみると曲調の欄はサンバとなっています。

さっそく教科書代わりに使っているジャズ・ベース・ランニング・ノートを見てみましたが、ラテンのリズム欄にサンバがありません。

仕方が無いので、ジャズ・ベース・ランニング・ノートのラテン関連のリズムページを一通りおさらいした上で、またしてもなんとなくで演奏してみる事にしました。



本来であれば、youtubeからサンプルの演奏をいくつかピックアップした上で実際に合わせていると思います。
ところが残念な事に、昨日愛用のノートPCが壊れてしまったため、今回はこの作戦が使えません。

というわけで、取り急ぎ本日はメトロノームに合わせながら、ラテン関連のリズムを弾いてみました。



ジャズ・ベース・ランニング・ノートでも、例題のベースラインにはしっかりとした構成のようなものが見えます。
せっかくメトロノームでひたすら合わせているので、今回はこうした構成をじっくりと考えながら弾いてみる事にしました。

構成を考えながらじっくり音を見ていく事で、あらためて見えてくる各フレーズの音使いというのがあったりしますね。
1度5度や5度1度といった音使いを使い分ける事で、違うコードであっても各小節の3拍4拍に共通の音を置くといったラインなどもお約束のようですが、こうした常套手段の音使いというのを少しづつ覚えていきたいです。



今はゆっくり考えながらでないと、こうした大きな流れの中での音使いを使う事が出来ません。
良い機会なので、覚えるだけでなく実際の演奏で使えるところまでしっかり練習したいですね。
次回セッションまではほとんど時間が無いのが心配ですが、出来る限り頑張って取り組んでみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。