ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090519_234049_ed.jpg

昨日の練習時間/70分。
本日の練習時間/100分。

今週も1日平均90分の練習目標に対してマイナススタートとなりました。
週末に帳尻合わせで気持ちが追い込まれた感じになってしまうので、月曜日はホッとしてしまうんですかね・・・

明日は最低限マイナス分を戻したいと思います。





ここ数日、左手人差し指の先が、少しヒリヒリして痛かったんです。
何かしたっけなぁと不思議に思っていたのですが、原因がわかりました。

先週末から新しく取り組んでいるラテン系の曲のキーがE♭なんです。
更に曲中のコードにはB♭もたくさん出てきます。
この曲でラテン風なリズムを刻んでいると、左手の人差し指が大活躍になっていました。

原因は間違いなくこの曲ですね。



ちなみに負担がかかっているのは指先だけでは無さそうです。
練習で繰り返しこの曲を弾き続けていると、人差し指で弦を押さえるのがかなり辛くなってくるんです。

ウォーキングで均等に人差し指と中指と小指を使っていると、負担が分散されるおかげで演奏もだいぶ楽になります。
だけど、同じ指ばかりで弦を押さえる事になってしまうとかなり辛いですね。



ネックを握って弦を押さえるのは良くないというのをよく耳にしますが、同じ指ばかりで弦を押さえていると、本当にネックを握りたい衝動にかられます。
練習中には、人差し指の爪の上に中指を重ねて2本指で弦を押さえたりといったインチキをしてしまう事もあります。

もちろんインチキをしたところで、練習は1人なので誰かに注意されるといった事はありません。
そこで、インチキを何度か繰り返した後に、自ら「これでは駄目だ!」と言い聞かせて正しいフォームに戻すといった、1人きりの寂しいやりとりがなされます。





テンポが早くなってくると、尚更辛くなってきますよね。
このあたりはまだまだ鍛錬とフォームの見直しが必要そうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。