ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090607_233055_ed.jpg

昨日の練習時間/60分。
本日の練習時間/100分。
1週間合計/710分。

今週も1日平均90分のノルマは達成する事が出来ました。

先週と違い今週はしっかり貯金を作った上で週末に突入する事が出来たので、ストレスなく週末を過ごす事が出来ました。
(余裕を持ちすぎたせいか、週末の練習量が若干少なくなってしまいましたが・・・)

来週も余裕を持って週末を迎えられるよう、まずは月曜日から少しでも貯金を作っていけるようにしたいと思います。





写真は最近練習している楽譜の一部です。
こうして、いろいろな音符が出てくる上に、タイで音符をつながれたりしてしまうとかなり苦戦します。
リズムをなかなか理解出来ないので、どんなフレーズなのかがわかるまでに時間がかかってしまいます。

それでも、ちょとづつ続けているソルフェージュのおかげか、時間がかかりながらもだいぶ自力で前に進んでいく事は出来るようになってはきました。
(ここ数日はソルフェージュをさぼっているので、やっぱり地道に続けなくてはいけませんね。)



どんなフレーズなのかを理解出来た後も、当然実際に弾くのも難しいです。
運指等の問題だけでなく、4ビートや2ビートで均等に音を刻む中で、こうしたちょっと複雑なリズムを挟んでしまうと、簡単にテンポが狂ってしまったりするんです。

昨日の日記に書いた休符の間についてもそうですが、まだまだ僕にはリズム感やタイム感といった物がまったく足りていないんだろうというのを痛感してしまいますね。





先日参加させていただいたセッションの際に、ベースソロの部分でロストしました。
先日のセッションに限らず、ベースソロで4ビートからリズムを変えて音を刻んでみると、ちょっと油断したり余裕が無くなったりしただけで簡単にロストしてしまいます。

リズムを変えて弾いていると、自分が曲中のどの小節にいるかがわからなくなってしまう事が頻繁にあるんです。
こういった事も、やっぱりタイム感に問題があるという事なんでしょうね。





今はこうしていろいろな教材を活用しながら、複雑なリズムに沢山触れていけるようにしたいと思います。
フレーズ自体も丸暗記しながら少しづつ複雑なリズムに慣れていきたですね。

その中でタイム感なるものもちょっとづつ身についてくれれば良いのですが、いずれにしてもまだまだ果てしなく時間がかかりそうな課題です。



そもそもゴールがある課題では無いかもしれませんが、早いところもうちょっとマシなレベルにはなりたいですね・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。