ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090610_001110_ed.jpg

本日の練習時間/100分。

一応これだけ練習してみましたが、本日は最後までやる気が出ないままの練習でした。
ちょっと仕事で嫌な事などがあった事もあり、ストレスが溜まっているみたいですね。

やる気が無い中でも、練習を続けるというのは大事だと思います。
そういった中で100分程練習出来たのは価値があるとも思います。

ただ練習の成果がどうかというと、やっぱりイマイチですよね。



ちなみに↓が本日の練習内容です。

スケール練習/10分
ソルフェージュ/10分
ベースソロの例題/55分
実際の曲に合わせて演奏/25分



本日のように元気の無い時こそ、音楽で癒されたいです。
ところが残念な事に、自分の演奏ではちっとも癒しにならないんですよね。
自分の演奏で癒されるくらいにウッドベースの演奏が上手くなってみたいですね。



ところで、先日も↑のような話を知人としていたのですが、実際のところ本当に上手くなったら自分の演奏で癒されるんだろうかという話になりました。

きっと上手い人は上手い人なりに、自分の演奏と理想にギャップがありますよね。
そうなると、どんなに上手くなっても、自分の演奏で癒されるというのはなかなか難しいのではないかといった内容です。



これって、個人の性格にもよりそうですけどどうなんですかね・・・
「自分の演奏に酔えないようでは周りもその演奏に酔う事なんて出来ない」といった話も聞いた事がありますが、世のプロの人達っていったいどんな感じで演奏してるんでしょうね??





だけど、レイ・ブラウンが自分の演奏でも癒されないなんて事があったらちょっとショックです。
(まあ流石にそれは無いですよね・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。