ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090614_012923_ed.jpg

本日は午前中に水面下で進めているバンド活動の資料の整理を行った後、午後からはスタジオに入ってのセッションでした。
更にその後は、お世話になっているドラマーの常さんのライブに出かけてきました。

文字通り朝から晩まで音楽三昧な1日です。
これだけどっぷりと音楽の1日を過ごすのも気持ち良いですね。
内容も充実していたので、本当に収穫の多い1日とする事が出来ました。





本日のセッションはスタジオ4時間コースだったのですが、なかなかハードなセッションとなりました。
体調が本調子で無いといった事もありますが、それにしても後半は結構きつかったです。

今回は管が4本という豪華な編成でした。
管4本+ピアノ+ベース+ドラムなのですが、ウッドベースにはピックアップがついていないんです。
そのため全て生音勝負となりました。

曲が盛り上がってくると、当然ドラムやピアノも音が大きくなってきますよね。
管4本の中でこうした盛り上がりに突入すると、自分の弾いている音すら聞こえなくなってきます。
そのため、僕も文字通りのフルスイングで音を鳴らしていました。



これだけ思いっきり弾きながらの長時間セッションは流石に結構ハードですね。
このあたりは練習を積み重ねる中で、もっともっと鍛えていかなくてはいけないなぁと痛感しました。

そういう意味では、生音でのセッションはアンプに頼れない分良い練習になりそうです。





ちなみにスタジオは4時間でしたが、準備や後片付け、途中休憩を差し引いて練習時間は3時間で計算しておくことにしようと思います。
というわけで、今週は練習量が落ち込んでいましたが、なんとかこれで90分平均のノルマには追いつく事が出来ました。

明日は本日の反省や復習を兼ねた練習を行う予定です。



本日もご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。