ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090806_094212_ed.jpg

今週から、ナントハウス隣のマンションの解体工事が始まりました。
その関係で、毎朝8時頃からもの凄い爆音が鳴ってます。

隣のマンションとは距離にして10mも無いと思うので、騒音や振動がもろに伝わってきます。
今もはつりまくっているので、超高速16ビートが鳴り響いています。

というわけで、最近はこの騒音に負けじと、部屋には朝から爆音で音楽が流れてます。
今朝のBGMはド迫力のカラヤン!

だけどやっぱり、もうちょっと静かに聴きたいですね・・・





先日のセッションでもバラードが何曲かありました。
早いテンポの曲ももちろん難しいですけど、こうした超スローなテンポというのも相変わらず苦戦しています。

ちょっとしたフレーズを挟もうと思っても、どうしても音を置きにいく感じになってしまうんですよね。
その結果、なんだかぎこちない不自然な音になっているのが、弾きながら自分でも感じます。



また、曲の途中で訪れる倍テンですが、こちらも引き続き対応出来ていません。

以前と違って、倍テンに突入すると、倍テン キタ━(゚∀゚)━!!な感じですぐに判るようにはなりました。
だけど、気持ちは反応しても音が反応出来ません。

8分音符のイメージで弾いてみようとすると、コード進行をそのまま倍の速度で進めてしまってロストする感じです。
どうしてこんな単純な事が出来ないのか、もう本当にがっかりですね・・・



そんな状態なので、まずは既存のテキストの倍テン部分を繰り返し練習しながら、倍テンに突入した時の雰囲気やフレーズなどに慣れていこうと思います。
というわけで、昨日は以前に購入したはじめてのジャズ・ベースに掲載されているMy funny valentineのベースラインを練習してみました。

しかし、これがまた難しいんです・・・

ゴーストノートだらけの16分音符連続で、なんだか和音まで出てきたりします。
(本のタイトルに「はじめての」がついてる意味が解らない・・・)



こうして、楽譜とニラメッコしながら弾き進めていくのって、ウッドベースを始めた1年目の頃を思い出しますね。
当時は8分音符がちょっと混ざったくらいで大苦戦してましたからね・・・

これまで、ゴーストノートについてもまともに練習した事が無く、まったく使う事が出来ていなかったので、こちらも良い機会かもしれませんね。

まずはスムーズに弾けるようにした上で、更に繰り返し弾きながら体に染み込ませていきたいと思います。





それにしてもこの本、ウッドベース買ったばかりの超初心者の人が購入してしまって、弾けずに放置してる人っていうような人が絶対にいると思うんだけどなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。