ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090825_113325_ed.jpg

michiさんがConfirmationに取り組む事になったといった話をしていたので、僕もなんとなく手をつけてみました。
これまでにも何度かセッションで演奏する機会はあったのですが、「なんとなく弾き難い曲」といった程度のイメージでよく解っていなかったんです。



この曲、Charlie Parkerの「Now's The Time」というアルバムにも収録されていたので、それなりに聴いてはいるはずなんです。
しかし残念ながらメロディすらあまり頭に残っていません。
情けない事に、↑アルバムに収録されているといった事すら、今回調べてわかりました・・・

いかにBGM的に聞き流してしまっているかといった事なんでしょうね。
繰り返し聴いていても頭に残っていない位なので、僕自身、あまりこの曲が好きではないといった事もあるんだと思います。
(かといって別に嫌いというわけでもありません。)



というわけで、特別好きな曲というわけではないのですが、今後も弾く機会は多そうなので練習しておこうといった感じです。





手をつけるにあたり、まずは「Confirmation」って何?といった所からスタートです。
(こうした単語さえ解らないというのも情けない話ですが・・・)



というわけで、インターネットの辞書で調べる事が出来た意味は↓の2つでした。

1- 確認、確証
2- 堅信礼(キリスト教)



なんだかよくわかりません ..._| ̄|○
というか、言葉のままに確認とか確証って事を表現しているんでしょうか?
それとも、2番目の宗教的な事なんでしょうか??

ちなみに僕には「堅信礼」自体がよく解っていません。
キリスト教の儀式と言われてしまうと、ダン・ブラウンの小節に出てくるドロドロイメージになってしまいます。
(「ダヴィンチコード」とか「天使と悪魔(でしたっけ?)」の影響大です・・・)

というわけで結局、曲の意味はよくわかりませんでした。



曲のコード進行を見てみると、???的な進行が多く出てくるようですが、実際に弾いてみるとイマイチ弾き難いです。

これについては、1小節にコードが2つづつが基本になっているというのが原因だと思います。
1小節にコードが2つだと、未だに「ルート+3度or5度orクロマチックノート」の処理しか出来ないんですよね。

このあたりは、すぐに引き出しを増やしていくというのは難しそうです。
だけど、来年あたりには何かしら対応出来るようにしていきたいですね。





実際の練習では、とりあえず何度か音源に合わせてウッドベースで音を出してみました。
ただ、どうもピンときません。
↑にも書きましたが、やっぱりメロディを理解出来ていない事が大きいみたいです。



というわけで、メロディの理解度を深めるのと、指の練習の意味合いを含めて、この曲についてはまずメロディをウッドベースで弾けるようにしてみようと思います。

ざっと見てみると、8分音符満載で16分音符も登場してくるようですが、テンポを落とせばなんとかなりますよね。





セッションで演奏される機会が多いという事は、この曲を好きな人がたくさんいるって事なのかなぁ・・・

(あっ、チャーリーパーカーさんは少なくともこの曲が好きですね)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。