ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめてのジャズ・ピアノ・トリオでウッドベースを弾いている林さんのライブに出かけてきました・・・

昨晩は阿佐ヶ谷のMANHATTANさんへライブ観戦に出かけてきました。

このお店、インターネット上でも頻繁に目にしていたこともあり、ずっと以前から行ってみたいと思っていたんです。
カウンターでライブを見させていただいたのですが、長い歴史を感じさせるような店内と、とても気さくで優しいマスターのいらっしゃる素敵なお店でした。

セッションもやっていらっしゃるようですし、ライブ・セッションを問わず、また機会があればお邪魔させていただきたいと思います。





というわけでライブなのですが、沸点ZEROというピアノトリオのライブでした。
何故このライブに出かけたかというと、このトリオのベーシストさんは、はじめてのジャズ・ピアノ・トリオでベースを弾いている林正男さんなんです。



「はじめてのジャズ・ピアノ・トリオ」は、ウッドベースを始めて4ヶ月程した頃に購入しました。
その後2年目位までは、ほぼ毎日この本に載っているベースラインを弾いていたんです。

一緒についているCDをステレオで流しながら演奏していたので、林さんのベースを毎日超ヘビーローテーションで聴いていた事になります。
人生で一番聴いたJAZZのCDは、間違いなく、しかもぶっちぎりでこの本の付属CDです。



4年目に入る今でも、何かあるとこの本のベースを参考にさせてもらっているので、僕の中で林さんは、お会いした事が無くても「ウッドベースの先生」といったイメージだったんです。
そんな林さんの演奏を、是非一度ライブで聴いてみたいと前々から思っていたんですよね。





こうして始めて見させていただいた林さんのライブですが、本当に素敵なものでした。
細かい技術的な事などはよくわかりませんが、休憩を挟んで2時間半程の間、本当に素敵な演奏を聴きながらおいしいお酒を飲ませていただいてきました。
感慨深さもあり、途中で何度かジ?ンときてしまいましたね。



3曲目か4曲目位だったのではないかと思いますが、前半をピアノとウッドベースのデュオ、後半からドラムも入ってトリオで演奏していた曲がありました。

この曲、凄く興味深かったのですが、ウッドベースとピアノのデュオで演奏している時のピアノが、ジャズというよりもクラッシックピアノ風な感じだったんです。
クラッシック風なピアノに、ピッチカートで演奏するウッドベースを合わせた感じがなんだか凄く素敵なんですよね。

更に後半にドラムが入ってからはガラッと雰囲気を変えて、俄然ジャズっぽくなる感じもまた気持ち良かったです。





こうしてついに林さんの演奏を生で聴かせてもらう事が出来たわけですが、ライブの合間の休憩時には少しお話もお伺いする事が出来ました。
(突然にも関わらず、とても親切に接していただけたんです)





実は、そこでお伺いしたお話の中で、衝撃的な事実を聞いてしまいました・・・





はじめてのジャズ・ピアノ・トリオで演奏されているベースライン(譜面にもなってる)ですが、林さんが考えたものでは無いとのことでした?!?!
ピアノの宮前さんという方が考えたベースラインで、渡された譜面を見ながら演奏したベースラインなんだそうです・・・





(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!  ・・・

そっ、そうだったんですか・・・





いっ、いいんです。
ずっとずっと、僕は林さんのベースラインだと信じて演奏してましたけど、そんな事いいんです。



超ヘビーローテーションで聴いていたCDの演奏は、林さんが弾いていた音な訳ですし・・・
何より生で聴かせていただいた演奏も、とってもとっても素敵だった訳ですし・・・



だから林さんは僕にとって、今でも何ら変わらずウッドベースの先生という位置付けで、いいんです!





だけどその事実、結構ショックだったなぁ・・・





あらためまして突然にも関わらず親切に接してくださった林様、素敵な演奏を聴かせていただいた沸点ZEROの皆様、温かく迎えてくださったMANHATTANのマスター、皆様本当にどうもありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。