ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090918_115922_ed.jpg

先月からダイエットのために少し泳いでみています。
その効果ではないかと思うのですが、最近はウッドベースを弾いている際に、左肩が楽になってきたように思います。



ウッドベースを弾く際に、左肘を上げた姿勢を維持していると、左肩(三角筋)が張ってきて辛く感じる事が頻繁にありました。
それが最近はかなり軽減されています。

演奏中に左肩が辛くなるのは毎回では無かったので、一種の肩コリのような物だったのかもしれないですね。



泳いでいる事によって、純粋に三角筋の筋力がUPしたというのもあると思います。
それと合わせて、しっかり筋肉を使ってあげる事で、コリや張りがほぐれてきたといった事もあるんでしょうね。

肩コリに水泳が良いといった話をよく聞きますが、やっぱり効果があるみたいです。





ここ1ヶ月程の主な練習は以下の3つでした。

1- バラード
2- 早いフレーズ
3- ビートルズ



昨日、久しぶりに青本の適当なページを開いて、メトロノームに合わせながら4ビートを弾いてみる練習をしていました。

すると、確実に以前より弾けなくなっています。



青本のコードを目で追いながら、4つづつ音を刻んでいくのですが、咄嗟に押さえるべき音が出てこずにつまずいてしまうといった事が、あきらかに増えているんですよね。
ここしばらく、いわゆる初見の練習をしていなかったので、コードを見た時に反射的にコードトーンを押さえていく感覚が鈍ってしまっているようです。

特にdimとかaugとかついていたりしたら、あっさりとボロボロになってしまいます。
(こういった難しいコードは以前から駄目駄目だったんですけどね・・・)





やっぱり練習内容が偏りすぎるのって駄目ですね。
一度興味が沸いたり、気になったりした練習って、しばらくはそればっかりにしてしまう事が多いんです。

だけど、「やりたい」とか「やらなくちゃ駄目だ」と思う練習って年々増えてます。
1日の練習時間が限られた中で、何を練習するかって重要になってきますね・・・





気乗りしない練習ってストレスだったりするので、ついついやりたい練習だけに走ってしまうんですが、こういうのってなかなか難しいです・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。