ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090922_125703_ed.jpg

秋の連休に突入してから、思った程練習をこなせていません。
(シルバーウィークって名前、まだ馴染みが無いせいか、どうもピンときませんね・・・)



ちなみにこの連休の練習時間は、

土曜日/90分
日曜日/90分
月曜日/50分

せっかく休日が続くので、もうちょっとまとめて練習するつもりだったんです。
ところが、ポチポチと仕事が入ったり、その他予定外の用事が入ったり等々、特別忙しいわけではないのですが、気がつくと練習時間を確保出来ずに終わっている感じでした。

「休日だから・・・」の油断が駄目みたいですね・・・

残りの2日間はもうちょっと頑張ってみたいと思います。





ところで今月に入ったあたりから、ウッドベースの教室を探してみています。
探しているといっても、気が向いた時にネットでちょっと検索する程度なんですけどね。



昨年の夏まではある程度定期的に習いにも行っていたのですが、その後は自習のみになっていました。

それまで教室に通って習った理論や技術面で、消化したり吸収したり出来ていない事がたくさんあるように感じていたんです。
そうした事を消化吸収する時間を持ちたいなと思ったんですよね。

また、少し自分のペースで楽器や音楽と向き合ってみて、いろいろ考えてみたり感じてみたりしたいなとも思っていたので、この1年ちょっとの間、意図的に習いにいくのをお休みしてました。



こうしてのんびり(?)1年ほどすごした結果、現在は当時の消化不良は改善され、新たな疑問や考え方、感覚等が出てきたりしています。
そろそろこうした疑問をぶつけてみたり、技術的なチェックを行ってもらったりすべきタイミングだと思っていました。





というわけで、のんびりと新たな教室探しを始めてみているわけですが、教室探しっていろいろ難しいですね。

まず、3年半程こうしてウッドベースを続けてきましたが、その中で自分の好きな音や好みの音というのが出来てきました。
せっかく習うのであれば、こうした好きな音や好みの音を出している先生に教わってみたいです。

幸い今はyoutube上にたくさんの演奏がアップされているため、気になった先生の演奏もyoutubeで確認する事が結構出来たりします。
(youtubeの映像だと、演奏は見れても、音が良くわからなかったりする事も多いんですけどね・・・)



また、これはほとんど僕のわがままなんですけど、教室の立地の問題も大きいです。
習いに行くといっても、毎週のように通うつもりでいるわけではないのですが、それでも電車で1時間以上かけて通うとなるとちょっと考えてしまいます。

ちなみに現在の自宅は、JRの新宿駅から1駅、自転車でも新宿駅までは10分ちょっとといった感じです。
これって、どこかに出かけるにはかなり恵まれた場所だと思うので、教室の立地の事をあまり言うのも贅沢だとは思うんですけど、それでもやっぱり近い方が嬉しいです。



あとは何より、先生との相性も大きいですよね。
音楽に限らずいろいろな事に共通すると思うんですけど、先生が良いか悪いかというよりも、合うか合わないかの方が重要なように思います。





教室で何かを教わる時って、基本的には地図上の最短ルートを教えてくれるんだと思います。

例えば生活がかかっていたりして、何がなんでもそこを通らなくてはいけないとか、子供が親から教室に通わされて、選択の余地なく強制的に進むといった状況であれば、常に地図に書いてある最短ルートを進むという事でも良いんだと思います。
もちろんそうして目的地に到着出来れば、そこにはきっと素敵な事がたくさん待っていると思うので、それはそれで良いと思うんです。

だけど幸が不幸か、現在の僕はそこまで追い込まれた状況にはなく、言ってみれば無駄にゆとりがある(??)状態です。

トンネルが続く山間の国道よりも、多少遠回りでも海岸沿いで海を見ながら、時々ハンバーガーショップなどに寄り道できるルートを通りたくなっちゃったりしちゃいます。
こうした誘惑だらけの旅なんですよね。





そんなわけで、こうしたわがままありきで教室を探すとなるといろいろ難しいですね。
とはいえ、やっぱりそろそろ教室には通うべきだと思っているので、地道に探してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。