ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白い方の本、カタカナ満載で超手ごわいです

週末でちょっと遅めの朝を迎えた後、仕事のメールをいくつか返信してから近所の喫茶店へやってきました。
先月取り組んでいた市ヶ谷低音ゼミナールと、昨年購入したハーモニック・セオリー・ワークブック持参です。

昨年太刀打ち出来ずに中断していたハーモニック・セオリー・ワークブックにあらためて取り組んでみようと思っているのですが、やっぱりこの本って難しいですね。

購入当初は結構いけるかもと思ったのですが、読み進めてみると思いのほか難解でした。
市ヶ谷低音ゼミナールよりも掘り下げて記載されているだけでなく、とにかくやたらとカタカナ言葉が多いんです。

勉強嫌いの僕にとっては、意味不明(?!)なカタカナ言葉の連続だけでくじけそうになります。

とはいえ昨年と比べると、僅かではありますが知識を積み上げてはいるので、これらを土台になんとか攻略出来ないだろうかと企んでおります。
まあ、あまりストレスにならない程度に、のんびり進めてみたいと思います。



ところで、全く関係無いのですが、喫茶店で座っている僕の両隣の席も、ラフな格好をしたおじさんがノートPCをいじってます。
ソファー席なので、僕を含めて3人揃ってソファーに並んで座って、ノートPCをいじっている姿って、なんだかちょっと滑稽に見えますね。

結構年配の方でも、こうしてノートPC持参で週末をのんびり過ごしてるって、なんだか時代の変化を感じます・・・





先日のライブ以降、ちょっとだけ真面目にアルコに取り組んでみています。
以前から誰かに指摘される度にアルコに取り組んではみるのですが、しばらくするとすぐにサボってしまってました。



続かないのって、とにかくアルコが好きでないというのが1番の要因で問題なんですよね・・・



アルコの練習が嫌いというのはもちろんなんですが、それ以前にアルコの音も別に好きじゃないんです。
ピッチカートのボ?ンッは、その1音だけでも凄く好きなんですけど、アルコのギ?コギ?コって音は、いわゆるプロの方の音でもイマイチ好きになれないんです。

オーケストラで、大量の音に紛れて聞こえてくる低音はそれ程気にならないんですが、コントラバスの音がメインで聞こえてくると、「好きでない」というよりはむしろ「嫌い」といった感じになってしまいます。
ジャズでも、アルコでひたすら伴奏している曲などはやっぱり好きになれません。

こういうのって、気持ちや気分の問題だけでなく、何か体の作りというか体質の問題があったりもするんですかね・・・
ダイビングなどの波酔いとかも体質の問題があったりするみたいですが、そんな感じの何かがあったりするのかなぁといった疑問を最近は持ってました。
(ちなみに僕はダイビングの経験は無いのですが、海が荒れていると、水面を全力で泳いでいるだけでも酔いそうになってました。)



プロの方の音ですらこんな感じなので、自分で鳴らすアルコの音となると、耳から入ってくる自分の音だけでも嫌になってしまいます。





というわけで、どうにも好きにはなれないアルコの練習ですが、上級者の方からは皆さん揃って効果があるとうかがいます。
確かに自分でも、少なくとも左手のフォーム固めには間違いなくピッチカートで弾き続けるよりも効果がありそうだとは感じています。

素早いポジション移動の際でも、中指と薬指がピタッと張り付いた形で演奏してる姿って本当にかっこいいんですよね。
実際、そうしたフォームの方って出てくる音も綺麗なんだと思います。
出来ればこうしたフォームを身に付けて正確な音を出せるようになりたいですもんね。



こうしたフォームを身に付けるための近道であるのは間違いなさそうなので、無理しすぎない程度に無理しながら(?!)アルコにも取り組んでみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。