ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091020_225508_ed.jpg

相変わらず、ウッドベースに触れる指先などはヒリヒリと痛んでいますが、風邪でダウンしていた体調は確実に回復しております。
昨日は久しぶりに泳ぎにも出かけてみました。

今年の8月から2ヶ月ほど、ダイエットのために泳いでいました。
それが先月末からは帰省のバタバタと体調不良でお休みになっていたんです。

約1ヶ月ぶりに泳いでしみじみと感じたのは、「ウッドベースもこの程度のレベルでは弾けるようになりたいなぁ・・・(?!)」といった事です。



別に水泳が特別得意なわけでも、特別早く泳げるわけでもはありません。
以前にトライアスロンをやっていた頃には、3種目の中では1番苦手でした。

だけどそれでも、1ヶ月ぶりにプールに入ってもなんとなくは泳げるんですよね。
もちろん、水を掻いてもスカスカですし、ちょっと泳ぐとすぐに疲れます。
とはいえ、駄目駄目なりに、少なくとも体はコントロール出来ている感じがします。



ところがウッドベースになると、そうした体や楽器をコントロール出来ている感覚というのが全くありません。
出す音を含めて、解らずに試行錯誤しながら、もやもやの濃い霧の中を手探りでフラフラと進んでいるような感じです。



出すべき音や出したい音がはっきりと見えるようになりたいですね。
更に、そうした音を、思い通りに楽器をコントロールしながら、自由に出せるようになれたら気持ち良いんでしょうね・・・





水泳もそうですし、「昔ピアノを弾いていた」とか「昔ギターを弾いていた」といった人達を見ていて思うのですが、「技術」や「感覚」って一度覚えると一生ものですよね。

もちろん、練習せずにいると衰える事は多いと思います。
それでも、ちょっと練習すれば「楽しむ」事が出来るレベルにはすぐになると思うんです。

「速く」とか「強く」といった事は難しくても、駄目駄目なりに体や楽器をコントロールする術を持っているのが凄く大きいですよね。





今ウッドベースを弾いていて、楽しい事は沢山あります。
だけど、解らない事や辛い事はそれ以上にまだまだ沢山あります。

だけど、ここを乗り切れば一生ウッドベースや音楽を楽しめるんだと信じて、なんとか前に進んでいきたいですね。





時々、僕と同じような初級者や初心者の方から、「大変ですよね」とか「辛いですよね」といったお話をいただく事が結構あります。
本当に大変で辛い事ばっかりだと僕もしみじみ思うんですけど、皆様なんとか一緒に頑張っていきましょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。