ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091029_155722_ed.jpg

昨日は全く練習出来ませんでした。
一昨日は3時間近く練習出来たのですが、1日にして練習時間の貯金も使い切った感じです。
年末に向けて、煩雑な仕事を1つ抱え込む事になってしまった関係で、昨日は早速バタバタ(ジタバタ?)してましまってました。

毎年年末は何かと忙しくなりますが、今年はちょっと早い気がします。
このまま年末までこうしたバタバタ感が続くとなると練習が危ういですね。

週末には仕事の気分転換の意味でも、しっかり練習出来るといいんだけどなぁ・・・





というわけで練習も出来なかったので、楽器の事でも書いてみます。

↑写真ですが、これはチェロ用の指板だそうです。
ちなみにこれを見た時、最初はコントラバス用かと思いました。
それすら間違えてしまった自分には本当にがっかりですね。
(写真だと小さく見えるのはなんでだろう・・・)



この指板ですが、持ってみてずっしりと重たい事に驚きました。
指板だけをパーツとして持ってみた事なんて無かったのですが、見た目の感覚よりもずっと重たいです。

材質は黒壇(エボニー)とやらだそうです。
この素材については、以前から硬い木だとは聞いていましたが、たしかにこれだけ重たい木であれば相当硬いんでしょうね。

ところでこの木ですが、なんで真っ黒なんですかね・・・
中まで真っ黒のようですが、もともと黒い木なんてあるんですかね?
まさか焼いて炭のようになっているとも思えないですし、なんだか不思議です。

そもそも植物であるにも関わらず、この重さと硬さって、僕にとっては随分と謎の多い素材です。





それと、最近改めて弦のテンションについて調べてみました。
すると、もっともポピュラーなスピロコアのミディアムテンションで130kgあるとの事です。

テンションは駒にかかる重さとの事ですが、あんな薄っぺらい駒の上に、常に130kgもの圧力が加わっているというのは結構驚きでした。
駒の足の面積にしても、かなり小さいですよね。

単純計算で、片方の足に65kgの重さが加わっているとなると、単位面積あたりの重量というのは物凄い事になりそうです。
それを支えている表板が無事(?)なのも不思議な位です。

ただでさえ凄い圧力なのに、更にこれを指で思いっきり弾くわけですから、かなり過酷な環境ですよね。
特にスラップなんて事になったら物凄い事になってそうです。



そう考えると、やっぱりデリケートな楽器で、こまめに調整が必要だというのもなんとなく解る気はしますね・・・
また、その圧力を小指で押さえている自分も、やっぱり過酷そうです。





というわけで本日は、とにかくちょっとでも良いので練習時間確保のために頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。