ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィ?ンウィ?ン

仕事のバタバタで練習量が落ちているので、久しぶりに握力強化ボールを使ってみています。
左手の指力が衰えるのをちょっとでも防ぎたいんですよね。

ちょっとコンビニへ出かける際に、これを持って出かけようかとも思いました。
だけど深夜の住宅地をウィ?ンウィ?ンといった奇妙な音を響かせながら歩くのは、あまりにも怪しすぎるのでさすがに控えました。

だけどこれ、一番強化した左手の小指には上手く効かせる事が出来なそうなんですよね。
コントラバス用に、こうした左手強化グッズとかあったら面白いんだけどなぁ・・・





その左手ですが、相変わらずフォームの矯正に苦戦しています。
一番最初に教わった、中指と薬指を閉じて揃えるフォームがなかなか出来るようになりません。

指先部分は閉じていても、真ん中あたりが割れて開いてしまっているんです。
極度のO脚の足みたいな感じです。



これまで、フォームを意識しながらアルコでスケール練習などをおこなったりもしたのですが、現在のところ改善には至っていません。

というわけで最近は、新しい作戦に取り組んでみています。
新しい作戦というのは、ピッチカートの4ビートで、同じ音を4つづつ刻む練習です。



現在僕が矯正したいと思っているのは、左手の中指と薬指を閉じて揃えるフォームについてです。
そうなると、使うのは小指で弦を押さえるポジションだけなんですよね。

そこで、ひたすら小指で弦を押さえる形のまま、ポジション移動しながら4つづつ同じ音を刻む練習を取り入れてみました。
その際は、目視で左手のフォームを常に確認しながら、左手のフォームが崩れないようにだけ気をつけています。



こうして練習してみると、G線側は比較的フォームを守って押さえやすいのですが、E線側に行くに従ってフォームが崩れてきます。
E線については、しっかり目で見ながらゆっくりと弦を押さえても、フォームを維持するのがかなり難しいです。

しかも、頑張って綺麗な教科書通りのフォームで押さえようとすると、しっかりと弦を押さえきれずにビビッた音になりやすいんですよね。



微妙な関節の角度とか、力を入れる向きなどの組み合わせが間違っているんでしょうね。
だけど、何処がどう違っているのか、細かいメカニズムを知ってみたいです。






あくまでも、正しいピッチで正確な音が出せるようになるためのフォーム修正なので、これによって音がビビッてしまったりしたのでは意味が無いと思います。
そういった意味では、最終的には実際の音とのバランスをみて調整が必要になりそうですね。

とはいえ、もうしばらくは正しいフォームを目指して試行錯誤してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。