ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091222_125022_ed.jpg

明日がクリスマスイブであさってがクリスマスとなると、結局クリスマスソングのセッション企画は間に合いませんでした。
実現出来れば楽しそうだなと思っていたので残念です。



この時期っていつも思うのですが、クリスマスの楽しいウキウキした感じよりも、年末の慌しさのイメージの方が強いんですよね。
昨年も書いた気がしますが、僕にはやっぱり↓のイメージです。

雪が降る町⇒
(やっぱりいい曲です・・・)





ここ数日、右肩甲骨と背骨の間あたりがパリパリに張ってるんです。
仕事の作業で何故かずっと右側を見ていたせいではないかと思うのですが、張りすぎて痛い位に辛くなってます。

この状態でウッドベースを弾いていると、やっぱりシンドイんですよね。
右手を指板の方に持っていっているだけで、なんだか背中がムズムズするような痛いような感じで、すぐに手を下ろしたくなってしまいます。

整体とかカイロプラクティックって行った事が無いのですが、変な姿勢で出てきた痛みってそういうのが効くんですかね・・・??



原因は右側を向き続けていた事ではないかと思うので、左側を向き続ければ良いような気もします。
だけど演奏中の譜面台って、どうしても正面かやや右寄りに置く事になりますよね。
左側に置こうとすると、ウッドベースのネックや左手が邪魔になって譜面が見にくい状態になってしまいます。

そういえばウッドベースを始めた当初、譜面を右側に置いた状態で演奏を続けたせいで、顎関節症のような痛みが出た事がありました。
(「ような」というよりは、こういうのをまさに顎関節症と言うのかも・・・)

その時も、譜面台を無理やり左側に置いて練習を続けたら症状が治りました。
やっぱり人の体って、左右均等にしてないと何かしら負担がかかったり歪んできたりするんでしょうね。





というわけで、当面は凄く見にくい感じはしますが、譜面台を左側に置いた練習になりそうです。



本当はゆっくり温泉につかってマッサージとかに憧れます・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。