ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100123_120712_ed.jpg

昨晩はTVで「天使にラブソングを」をやってましたね。
たまたまチャンネルをまわしていたらやっていたので、そのまま見入ってしまいました。

この映画、かれこれ4?5回は見てると思うのですが、やっぱりいいですね。
歌っているシーンを見てるだけでちょっとジ?ンときてしまいます。

普段はコーラスものを聴く事なんてほとんど無いのですが、なんだか素敵だなと思ってしまいました。





今は仕事の待ち時間を利用して、喫茶店でBLOGの更新を行っています。
店内にはご機嫌なJAZZナンバーが流れています。

曲はよくわからないのですが、恐らく50?60年代ではないかといったイメージです。
ベースはシンプルに4つ音を刻んでいるだけなんですけど、なんだかすごく心地良い音になってます。
(このあたりの時代の演奏が一番好きな感じがします。)



僕自身、もともと音数が少なめな演奏が好きです。
ベースも、ギターさんのようなテクニックを駆使してたくさんの音を鳴らすよりも、シンプルな演奏の方を好きと感じる事の方が多いです。



ところが、シンプルな4ビートを刻んでいる自分の演奏を聴いてみると、なんだかどうもつまらない感じに聴こえます。
もちろん、それが技術であったり、音の引き出しであったり、感性であったりするんでしょうけど、具体的に何が違うのかはよくわかりません。

シンプルに弾いた音が「いいなぁ」と思えるようになったら、すごく素敵なんですけどね・・・



もちろん、ある程度は早弾きが出来るようになりたいですし、和音やその他各種テクニックは身に付けたいです。
ただ、最終的にはシンプルな演奏でかっこよく弾けるようになりたいですね。





今年は練習量が減り気味なので、まずはそのあたりから改善していかなくてはいけなそうです・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。