ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100125_123944_ed.jpg

昨年、苦手な曲の1つとしてFourを何度か挙げました。
現在もこの曲に対しては苦手意識が全く抜けません。
「意識」というよりも、やはり弾き難くてたまらないので、純粋に苦手なんだと思います。



それでもこの曲はセッションで指示された事が結構あるので、なんとか克服するためにも少しづつ練習を続けています。

練習ではベースラインだけではなく、メロディも一緒に弾くようにしています。
そうすると、このFourという曲も、メロディであれば弾いていて心地よく感じるんです。
流れるようなメロディのつながり方が、なんだかとても気持ち良いですよね。

ところが、いざベースラインを弾いてみようと思うと、やはりとにかく弾き難いんです。
次の小節のルート音が、自分の指が動こうとするのとは明らかに違うといった感じです。
以前にも書きましたが、4度進行部分が少ないのが一番の要因だと思います。

ちなみにFly me to the moonのコード進行などは、4度進行だらけですごく弾きやすく感じます。
(それはそれでちょっと飽きちゃったりもしますが・・・)



Fourは、メロディに対しては本当に流れるようで気持ち良い進行だと感じます。
それにも関わらず、コードを追うとなるとまったく感覚が変わってくるって、当然な事かもしれませんがちょっと不思議に感じました。





この曲のコード進行に対しても、訓練や慣れによって心地よさや流れるようなイメージを持てるようになるものなんですかね・・・
いずれにしても、今年はこの曲からも苦手意識を取り除ける位になりたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。