ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100225_182228_ed.jpg

ついさっき、オリンピック記念青少年センターの前を通った際に、楽器をかかえた集団が歩いていました。
バイオリンやチェロ、コントラバスのケースを持った数十人規模の若者(高校生??)達です。

コントラバスも数人いたのですが、その中の一人が車輪のついたソフトケースで楽器を運んでいました。



以前に、小さな車輪が2個付いたタイプのソフトケースは見た事があります。
その時のソフトケースは、楽器の裏板側に車輪が付いていました。

だけど本日見たのは、楽器側面部分のエンドピン横あたりに、直径が10cm位はありそうな大きな車輪が2個付いたソフトケースでした。



あのケース、かなり使い勝手が良さそうです。
なんといっても、コントラバス(ウッドベース)って移動が地獄ですもんね。

なんだか凄く気になったので、ちょっと調べてみようと思いました。





なんだか久しぶりに右手中指がやられています。
皮が浮いてはいないのですが、明らかに色が変わっていてヒリヒリと痛みます。

昨日、オルタネイトで結構いろいろと20分位弾いました。
それで中指にも負担がかかっていたみたいです。





結構前からなんとなく気が付いてはいたのですが、やっぱり指先がかなり弱ってしまっているようです。
このあたりは練習量が如実に現れますね。



昨年の夏から秋にかけては、1週間の1日あたりの平均練習時間が90分を割らないように心がけていました。
ところが今年に入ってからは、間違いなく60分を割り込んでいると思います。



右手人差し指と中指の指先も、他の指で触れてみると、以前のようなボッテリ(?)した感触が無くなってきているんです。
ウッドベースを始める前の、ペニョペニョ(??)な感触です。

明らかに皮が薄くなってきています。





ウッドベースを始めてから最初の1年半から2年位は、とにかく右手のマメに苦しめられました。
だけど練習を重ねているうちに、少しづつ皮が厚くなってきて、簡単にはマメも出来にくくなっていました。

それが大きく後戻りしてしまっているようです。





こればっかりは練習あるのみですね・・・
ちょっと悔しいので、久しぶりにマメでも作りながら、早急にもう一度強化していこうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。