ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100228_164550_ed.jpg

Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド⇒



ニュースを見た人も多いのではないかと思いますが、↑の本が売れているらしいですね。
更に、この本の影響でジャズのCDも売れているとの事でした。

ニュースによると、今年は女子ジャズ元年と言われる程で、ジャズの敷居が下がり、一般に広まり始めているということらしいです。



どんなきっかけにせよ、敷居が下がってくれるのであれば嬉しい限りです。

ジャズを聴くだけだった頃には、これといってジャズの敷居なる物を感じる事はほとんどありませんでした。
ところが、自分で演奏するようになってからは、ジャズの恐ろしく高い敷居に苦しみ続けています。



ちなみにこうした話って、初級者さん同士で話していると、割と共感しあえる事が多いです。
ところが、上級者さんとこうした話になると、あまり理解してもらえない事も多々あります。

確かに、上級者さんがジャズを楽しむ場において、初心者さんというのはマイナスに作用する事も確実にありますもんね。





僕自身としては、この本のブームが一時的な物でも、または出版社や広告代理店の仕掛けたプロモーション施策であっても、きっかけは何でも構いません。
こうしたきっかけで間口が広がって、ジャズ関連の人口が増えるのって嬉しいです。

だって、ジャズ人口が増える事によって享受出来る事って沢山ありそうです。



◇CDショップ店頭のジャズ関連CDが増える
◇弦を含めた用具、用品の流通量が増える事で値下がりする
(これはジャズに限らないか・・・、だけどウッドベースであれば影響が大きそうですよね)
◇初級者ならではの悩みを共感出来る人が増える



ぱっと思い浮かんだ事を挙げてみましたが、この他にもいろいろありそうです。



ちなみに僕は、ジャズ以外にも好きなジャンルはいろいろあるので、そういった意味では音楽人口(特に演奏する人)が増えてくれると嬉しいです。





今この日記を書いているバックでは、ボサノバが流れています。
(ケーキを焼いてる喫茶店です・・・)

甘い香りの中で流れているボサノバって、なんだかかなり素敵です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。