ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100313_114915_ed.jpg

昨日はウッドベースの練習を完全に休んでしまいました。
そのおかげで、右手指先の痛みはほぼ無くなりました。

完全に浮いてしまっていた皮も今は張り付いて、それなりに硬くなってきているようです。
ただ、マメが出来た後の硬くなり始めって、マメだった部分とそうでない部分の境目にウッドベースの弦がひっかかる感じで嫌ですよね。

指先のコンディションが落ち着くまでには、まだまだしばらくかかりそうです。





先程はセッション出来るお店一覧ページの修正を行っていました。
(サーバーへのデータ転送も本日中に行う予定です。掲載希望等でご連絡をいただいていた皆様、更新が遅くなり申し訳ありませんでした。)

本当にたまにしかサイトのメンテナンスを行っていないので、↑のページ内でも、多数のリンク切れが発生していました。
こうしたリンク切れが、単にHPのお引越しに伴うものであれば良いのですが、実際にはお店自体が無くなってしまっているといった事の方が多いようです。

先月に東海地方でお店を探した際にも思ったのですが、こうしたお店って結構入れ替わりが激しいみたいですね。

「過当競争」の結果であるならばともかく、東京を除けばお店自体がまだまだ大変少ないです。
そうした環境の中で閉まってしまうお店がたくさんあるという事は、やっぱりかなり厳しい業界なんですね・・・



僕も含めてなのですが、初級者の方々の中には、セッションに参加したいと思っている人が大勢います。
セッションに参加したいと思っていても、初セッションへの1歩がなかなか踏み出せないといった人や、1?2度セッションに参加した事はあっても、その時の辛さや気まずさなどが原因でその後の参加をためらってしまうといった人達です。

こうした人達がもっとお気軽に参加出来るような土壌やシステムがあれば、お店の拡大にもつながっていくんでしょうけど、なかなか難しい事が多そうです。





ちょっと話は変わりますが、僕は中学?高校まで陸上部で長距離を走っていました。
小学生の頃には、マラソンで瀬古選手や宗兄弟が活躍してた世代です。

僕の初マラソン(といっても、純粋なフルマラソンは1回だけ)は高校2年生の時です。
実際に走っていた人達はそれほどでも無かったと思いますが、少なくとも周りの普段走っていない人達には、マラソン(42.195km)は一部の特殊な人しか行えないようなイメージがあったのではないかと思います。

だけど最近って、マラソンなんて割と誰でも(?)走れるような雰囲気になってきてますよね。
東京マラソンの功績なんかも大きいと思うのですが、こうしたイメージや精神的な敷居が下がった事が、マラソン人口の急拡大につながっているのは間違い無いように思います。



ジャズのセッションも、こうした敷居がもう少し低くなると、また状況が違ってくるんでしょうね・・・



僕もそうだったのですが、音楽が好きだけど演奏する機会が無かった人って、他の人と一緒に裏拍でシェーカーを振ってるだけでも相当楽しいと思います。
そんなレベルから楽しめる場が増えると素敵だと思うんですけど、やっぱり難しいのかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。