ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100515_204727_ed.jpg

引き続き2ビートのタイミングに苦戦しています。
昨日も日記に書いたとおり、無理にタイミングを変えようとしているので、音が出るタイミングが不安定です。

これまでは、常に遅れ気味のタイミングで音が鳴ってました。
それが、早く鳴ったり遅く鳴ったりといった具合で、これまで以上に聴き苦しい演奏になってしまっています。

まあ今は過渡期という事で仕方ないのでしょうね。
早くベストのタイミングを見つけて体に染み込ませてしまいたいですね。





ところで、2ビートのタイミングをといった事を書いていますが、4ビートになるとそれなりに音が出ているように聴こえます。
録音した音源を聴いていても、2ビート部分は物凄くまどろっこしく感じますが、4ビートになると同時に大幅に改善されるように思います。
(あくまでも2ビートと比較してです)

考えてみると、これってなんだか不思議です。
音を鳴らしたいタイミングと、音が鳴るタイミングがずれているのであれば、2ビートも4ビートも同じように遅れそうなものですよね。



というわけで、あきらかに4ビートでは改善される理由を自分なりに考えてみました。
たどりついた結論は↓のとおりです。





演奏中に頭に浮かべている音が、


2ビートの際は単発の音
4ビートの際はライン(メロディ)


その結果、


2ビートでは単発の音をリズムに合わせて置きにいくために、1音ごとに仕切りなおしになってしまう。
4ビートだと、複数の小節単位でメロディになっているため、仮に最初の数音がずれていたとしても調節が利く。(無意識に調節している)





こんな感じではないかと思うのですが、実際のところどうなんですかね・・・



だけど↑を書いていて思ったのですが、2ビートでもメロディとして音を鳴らせるようになるべきですよね。

意図的に単発の音を置きにいくといった事はもちろんあると思います。
とはいえ2ビートでも、ベースの演奏を常にメロディとして捉えられるようではくては駄目だろうと思いました。





目指すべきもの、やるべき事って、本当に果てしなく出てきますね。
頑張らなくては・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。