ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100602_203558_ed.jpg

先日、深夜にROCKER 40歳のロック☆デビューという映画(DVD)をレンタルで借りて見ました。

僕は存在すら知らなかったのですが、レコード・デビュー直前にビートルズから抜けた初代ドラマー、ピート・ベストという人がモデルになっているらしいです。
特典映像では、リンゴ・スターとの入れ替えに関するエピソードを語っていたらしいんですけど、僕はなんと特典映像を見ずに返却してしまいました。

知ってたら絶対見たのに・・・

更に、ピートベースと本人も出演しているらしいのですが、どの人なのかすらわからないままです。
とにかく事前の知識不足から、もったいない見方をしちゃいました。



ちなみに映画の内容ですが、結構楽しめました。
(先日見た3Dのアリスよりは面白かった)

こういうの見ると、バンドとか音楽やりたくなっちゃいますね。
見ている最中からなんだか楽器を触りたくてウズウズしちゃいました。

基本が一人練習なので、こうした刺激って、僕には凄くありがたいです。





練習でメロディを弾いてみた後とか、ベースラインを数コーラス弾いた最後に、なんとなくノリでエンディングっぽいフレーズを弾いてみる事があります。
とはいっても、僕が弾けたり思いついたり出来るエンディングなんて本当に数知れてるんですけどね。

ちなみに、↑で「弾けたり」と「思いついたり」を分けたのは、頭にフレーズが浮かんでも音としてアウトプット出来ない事の方が多いからです。
せっかくそれっぽいフレーズが浮かんでも、いざ音を出そうと思うと、その音が何なのかが相変わらず判りません。

やっぱりこれって、音楽をこれから更に楽しもうと思った時には致命傷ですね・・・
せっかく自分の中に音にしたいと思えるフレーズがあるにも関わらず、それを出来ないのではフラストレーション溜まりまくりです。
頭に浮かんだフレーズを鼻歌で歌おうと思ったら、音痴で音が取れないといった感じでしょうか。
(なんだか鼻歌なら歌える風に書いちゃってますが、これだって実際に鼻歌で音を出しながら音を探らないと、音を見つけられない事があります・・・)



この事については、ソルフェージュを始めとした基礎練習が必要である旨ご指摘をいただきました。
未だにソルフェージュは再開していないのですが、やっぱりまた始めるべきですね。

更に、今年はこうして頭に浮かんだ音は、とにかく積極的にウッドベースを通してアウトプットする事を心がけてみようと思います。
「きっと、こんなの慣れだよ!」というプラス思考で、あまり深くは悩まずに取り組みたいですね。




ところで、ベーシストがエンディングのフレーズを弾いてるのってあまり無いですよね。
CDでは結構あったりしますが、セッションなどではほとんど目にする事がありません。

僕の好きなアルバムの最後の曲で、エンディングの最後の音(アルバム全体の最後の音)が、ベース単独の「ボ?ン」で終わってるのがあります。
ウッドベースのシンプル(単音)な低音で終わるのって、なんだか余韻を引きずる感じで素敵です。

そういうかっこいい音を出せるようになりたいです・・・

もっと練習しなきゃなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。