ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100701_092908_ed.jpg

「順調に」とまではいかないまでも、今週は比較的練習出来ています。
先日のセッションで刺激を受けたのも影響しているのは間違いないですね。

今の僕は、セッションとかライブに出かけた際に、技術面で具体的に得られる事というのはまだまだそれ程多くは無いと思います。
だけど、こうして練習を続けていく上でのモチベーションであったり、刺激を受けたり出来るのが良いですね。

この週末は気になるライブがあるので、時間さえ取れれば是非出かけてこようと思っています。





先週の週末はセッションを含めて、久しぶりに結構な時間ウッドベースを弾いていました。
それまでの練習不足もあって、左手が軽い筋肉痛です。
(手首から肘にかけての小指側)
週明けもそれなりに練習出来ているせいか、未だに筋肉痛が少し残っています。



こうして、練習した事で筋肉痛があったり、指先がヒリヒリしていたりといった症状が出ていると、「練習してる!」といった安心感のようなものを感じます。
自分の中で、「練習しなくちゃいけない」といった、半ば脅迫観念のようなものがあるんでしょうね。

練習を継続する上では、こうした脅迫観念(?!)も多少はあった方が良いように思います。
ただ、結構ストレスを感じてしまう事も多々あるので、そのあたりのバランスも難しいですね。





以前にテレビでプロの演奏家の方が、練習時間として1日最低3時間といったお話をされていたのを見た事があります。
3時間というのは、上達するための練習ではなく、最低限今のレベルを維持するための時間であるとの事でした。

3時間の練習って、僕にとってはかなり大変な時間です。
これを毎日となると、プロの演奏家の人達のストレスってどんなもんなんでしょう?
演奏が好きで、演奏を極めようとしている人達だから、3時間位であれば結構平気なものなんですかね??



昔、競技で走っていた頃、ランニングに関しては一番走った時期で月間1,000km程でした。
月間1,000kmだと、1日あたりの走っている時間が、ちょうど3時間弱位だと思います。

確かに当時も「走らなきゃ!」といったストレスを感じる事はありました。
だけど今の僕が、ウッドベースを毎日3時間練習しなくちゃといった状況になった場合に感じると思われるストレスに比べると、それほどでは無かったのではないかと思います。

そう考えると、思い入れの強さの問題が大きいんですかね・・・



あとは1人練習ではなくて、誰かとのアンサンブルであれば、また感覚が違ってきそうです。
もっともっと上手くなって、余裕をもってセッション出来るレベルになれば、毎日セッションでの3時間なんて大したストレスでは無くなるような気もします。

とはいっても、練習となると、スケール練習を始めとしたツマラナイ(不謹慎ですみません・・・)メニューが必要だろうから、↑みたくお気楽にはいかないんでしょうね・・・





まあ、これから長く続けていくためにも、あまりストレスを感じない程度に気持ちのバランスを取っていくようにしたいですね。

週末のライブ、行けるといいなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。