ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100713_085905_ed.jpg

昨晩は知り合いのプログラマー兼ギタリストさんと飲んでました。
仕事の話と音楽の話、どちらもいろいろと夢のある話が出来て楽しい飲みとなりました。

今後にもいろいろと繋がりそうですし、いろいろ頑張っていきたいですね。



音楽業界って、CDが売れないといった話題を中心に、何かと暗い話が多いように思います。
だけど、音楽を聴いている人自体は減っているわけではないですもんね。
むしろipodの普及で、音楽人口も増えていたりしそうです。

となると、まだまだたくさんの新しい事が生まれてきそうですよね。
そうであれば、もっともっとワクワクした話題がどんどん出てきても良さそうなんだけどなぁ・・・





本日は久しぶりに2ビートの練習を行ってみました。
1-3にメトロノームのクリックを鳴らしながらのセボ?ン作戦です。

ここ1?2週間位はこの練習に時間を割いていなかったんです。



久しぶりにあらためて行ってみたセボ?ン作戦ですが、思いのほかタイミングが合わなくなってました。
ちょっと前までは、我ながら結構上達してきたなぁと思っていたんです。

ところが本日久しぶりに1-3メトロノームに合わせて音を出してみると、どうもタイミングがズレがちでした。



ちょっと言葉の意味は違ってますが、こういうのも体内時計みたいな物が影響しているんですかね・・・

連日練習を続けていた時には一時的にタイミングを合わせられるようになりました。
だけどそれって、いわゆる「慣れ」という事だったのかもしれません。

練習をサボっている間に少しづつ、もともとの体内時計のリズムやタイミングに引き戻されてしまっているような感じを受けました。



テンポの問題もそうですよね。

僕はテンポ150?160あたりが一番安定して演奏出来るように思います。
それよりも極端に早かったり遅かったりする演奏の場合、演奏が進むにつれて、ちょっとづつちょっとづつ150?160あたりのテンポに向かってずれてきてしまうように思うんです。

こういうのも確実に体内時計が存在しそうです。



この体内時計のリズムやタイミングを調整するのには時間がかかりそうですね・・・
それまでは、こまめに継続して練習を続けていくしかなさそうです。



せっかく矯正してきた2ビートですから、しばらくはもうちょっとマメに練習でも取り入れるようにしたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。