ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100717_162527_ed.jpg

先日、都内で東京交響楽団のトラックが走っているのを見かけました。
(↑写真、カメラを起動している間に遠くに行っちゃいました)

「えっ、楽器を運んでるの?」と最初は思いました。
コントラバスを含めて、自分の楽器は自分で運んでいるだろうと勝手に想像していたんです。
そのため、楽団のトラックがある事をちょっと不思議に感じました。



だけどよく考えてみると、明らかに自分で持って移動は厳しそうなものっていろいろありそうですね。
楽器で言えば、ティンパニを複数台なんて到底無理です。
あとは、座奏用の椅子とかもこだわりがあったりしそうですもんね。
指揮者さんの台なんかも自前だったりするんでしょうか。
(普段クラッシックのコンサートには滅多に出かけないので、それ以外は頭に浮かびません・・・)

自前でトラックまで持つとなると、維持費が大変そうです。

オーケストラの募集を時折見かけますが、その際に記載されている「会費」なるものを不思議に思っていました。
だけどよくよく考えてみると、結構いろいろなところにお金がかかっていそうです。



コンサートも演奏者の人数が多い分、それなりに大きな会場が必要になりますもんね。
そうなると箱代も結構な金額になりそうです。
クラッシックのコンサートって、やたらとチケット代が高いイメージがあります。
これも仕方無い事ないといったところでしょうか。

見るのも演奏するのもお金がかかるとなると、やはり高い敷居を感じます。
これって、当事者さん達には結構不本意な事だと思うんですよね。

ビールとかグラスワインでも飲みながら、お手頃チャージでお気楽にオケを楽しめる環境があれば、もうちょっとクラッシックにも足を運べるんだけどなぁ・・・





昨晩、ブログの←側にプラグインを2つ追加しました。
1つはtwitterのツイートで、もう1つはUSTREAMへのリンクです。

少々あつかましい話ではありますが、練習風景を動画配信しちゃう事にしました。
もちろん毎回とはいきませんが、気が向いた時に生放送で中継しちゃう予定です。

練習の生中継中に当BLOGにタイミングよくアクセスしていただく事なんてなかなか無いかもしれません。
それでも、偶然にもそんなタイミングでアクセスしていただけた際には、よろしければ僕のグダグダ駄目駄目っぷりを覗いてみてください。



twitterでは、普段は音楽とは全く関係無い事をつぶやいてます。
だけど練習を公開する際にはtwitterにその旨ツイートするようにしてみます。





それにしても世の中変わりましたね・・・

6年位前に、一緒に暮らしていたドーベルマンの様子を外出先でも見れるように、彼女(ドーベルマン)の寝床につけたWEBカメラで1日中動画配信をしていた事があります。
いきなりクッションを破りだしたりする様子を外で見る事が出来て、なかなか楽しい企画ではありました。
(仕事中に友人達から、「クッションの綿出してるよ!」とか「穴掘ってるよ!!」などといった連絡が突然入ってきて、めちゃくちゃ落ち着かなかったのを覚えています・・・)



当時にしてはそこそこのスペックのPCで配信していたと思うのですが、それでも事あるごとにフリーズしてしまってました。
フリーズすると、WEBサーバーの機能自体が止まってしまってまい結構大変だったんです。
(マイクロソフトで提供していた、無料のwindows用動画配信プログラムを使ってました。)

それがUSTREAMであれば、ネットワーク上で動画配信の処理が行われる上に、PC側も以前とは比べ物にならないくらいスペックが上がっているので、圧倒的に安定して配信出来そうです。
こうしてお手軽に動画配信などまで出来るようになると、音楽の楽しみ方も、また更にいろいろ変化が出てきそうです。





youtube、ニコニコ動画、USTREAM等々、本当にいろいろと楽しくなったと思います。
頑張らないと時代(技術)の変化についていくのもなかなか大変そうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。